2018.11.10 17:59(1/3ページ)

【軍事のツボ】日本人所有の唯一の零戦が海外流出へ

【軍事のツボ】

日本人所有の唯一の零戦が海外流出へ

特集:
軍事のツボ
離陸準備する零戦22型3858号機。前を歩くのは石塚政秀氏、尾翼に手を添えるのが柳田一昭氏=2017年6月、茨城・竜ヶ崎飛行場(撮影・梶川浩伸)

離陸準備する零戦22型3858号機。前を歩くのは石塚政秀氏、尾翼に手を添えるのが柳田一昭氏=2017年6月、茨城・竜ヶ崎飛行場(撮影・梶川浩伸)【拡大】

 第二次世界大戦で日本海軍の主力戦闘機だった零式艦上戦闘機(零戦、ゼロ戦)は、現在世界中で飛行可能な機体は5機のみ。そのうちの1機は日本人所有で、2017年6月、戦後初めて日本人パイロットの操縦により日本の空を飛んだとして話題になった機体だ。しかし維持費の問題からオーナーが売却を決意せざるを得なくなり、海外に“流出”することがほぼ確実となった。ただオーナーは国内動態保存の望みも捨てきれず、契約が決まるまでの残された数カ月に「なんとか日本が手を上げてくれないか」と話している。

 現在、飛行可能な零戦を所有している唯一の日本人は、ニュージーランド在住で、フライトジャケットなどを製造販売する「THE FEW」を経営する石塚政秀氏(57)。そして石塚氏が所有している機体は、1943年に三菱で製造された零戦22型第3858号機。尾翼には「AI-112」と記されている。米ハリウッド映画「パールハーバー」にも“出演”した。ちなみに零戦は全部で約1万400機生産されたとされる。

 同機はパプアニューギニアのラバウル付近で朽ち果てていたが、1970年代に米国のサンタモニカ航空博物館により回収。その後ロシアでほとんどの部品をリバースエンジニアリングにより、製造当時同様に新造して復元された。エンジンは再生不可能だったため、第二次大戦時の米国機に多く使われていたプラット&ホイットニーR1830を手直しして取り付けている。

【続きを読む】

  • 夕日を背に戻ってきた零戦=2017年6月、茨城・竜ヶ崎飛行場(石塚政秀氏提供)
  • 富士山をバックに飛行する零戦22型=2017年6月(石塚政秀氏提供)
  • 日本からチノ空港にある柳田氏のハンガーに戻ってきた零戦。3分割されている=2018年3月、米カリフォルニア州(撮影・梶川浩伸)
  • 零戦の後部胴体内部。細い骨組みで構成された繊細な構造=2018年3月、米カリフォルニア州(撮影・梶川浩伸)
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 【軍事のツボ】日本人所有の唯一の零戦が海外流出へ