2018.11.10 15:53

菅田将暉、焼売は「辛子だけ」 食べ方巡る“論争”起きたと明かす

菅田将暉、焼売は「辛子だけ」 食べ方巡る“論争”起きたと明かす

映画「生きてるだけで、愛。」の公開記念舞台あいさつに出席した左から関根光才監督、仲里依紗、趣里、菅田将暉、西田尚美=東京・新宿

映画「生きてるだけで、愛。」の公開記念舞台あいさつに出席した左から関根光才監督、仲里依紗、趣里、菅田将暉、西田尚美=東京・新宿【拡大】

 女優、趣里(28)が10日、東京・新宿ピカデリーで行われた主演映画「生きてるだけで、愛。」(関根光才監督)の公開記念舞台あいさつに菅田将暉(25)ら共演陣と出席した。

 過眠症のせいで引きこもり状態の寧子(趣里)と、ゴシップ雑誌の編集者(菅田)のラブストーリー。真っすぐな性格がゆえにエキセントリックな言動に走る主人公を熱演した趣里は、「寧子は一見表現の仕方が激しいけど、人間はみんな心に何か持っているので共感できました。それを菅田さんに受け止めてもらいました」と感謝した。

 タイトルにちなみ、偏愛しているものを問う「〇〇だけで、愛。」のお題が出されると、菅田は「焼売(シューマイ)には辛子だけで、愛。」と回答。最近、食べ方を巡る“論争”が起きたと明かし、「マネジャーは塩。しょうゆ派、ラー油派もいるけど、おれは辛子だけ」と熱弁。趣里が「辛子と酢じょうゆ」と答えると、「そういうジャンルもあるんだ。シューマイの食べ方は人それぞれですね」としみじみ話していた。

  • 映画「生きてるだけで、愛。」の公開記念舞台あいさつに出席した趣里と菅田将暉=東京・新宿
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 菅田将暉、焼売は「辛子だけ」 食べ方巡る“論争”起きたと明かす