2018.11.10 09:04

朝ドラ「あさが来た」弟役・二宮輝生がNHK-FMラジオドラマ『一時帰宅』で主演

朝ドラ「あさが来た」弟役・二宮輝生がNHK-FMラジオドラマ『一時帰宅』で主演

NHK-FM「FMシアター『一時帰宅』」の出演陣(NHK提供)

NHK-FM「FMシアター『一時帰宅』」の出演陣(NHK提供)【拡大】

 2015年度下半期のNHK連続テレビ小説「あさが来た」で波瑠(27)演じる主人公・あさの弟、久太郎の少年時代を演じた二宮輝生(ひかる、11)が10日午後10時から放送のNHK-FMのラジオドラマ「FMシアター『一時帰宅』」に主演する。

 同作の主人公は母親から虐待を受け、児童養護施設で暮らす小学六年の悠真(二宮)。それでも母親と生活したいと願い続け、ようやく一時帰宅が許されるも、母親から愛されたいという理想とは違う現実が待ち構えていた…。

 二宮は「ラジオなので体や顔が映らない分、声だけで伝えなければいけないのが難しかった。主人公のはじめと終わりの違いに注目して聴いてみてください」とPRしている。ほかに三浦誠己(42)、三倉茉奈(32)らが出演。音楽はシンガー・ソングライター、タテタカコが担当する。

 同作はNHK名古屋放送局の制作で、実際に児童養護施設を取材。実話に基づいた物語となっている。番組HPでは演出担当の川恵実氏が「なにかを達成するために、日々努力することは、素晴らしいことだと思います。けれど、それと同じくらい、いや、もしかしたらそれよりもずっと、諦めることは難しくて、勇気がいることなのかもしれません。それが、大切ななにか、であればあるほど。そんな諦めるための力強さが、この物語でお伝えする、少年の日々の中にあるような気がします」と訴えている。

 同作はNHKネットラジオ「らじる☆らじる」でも同時配信。12~19日には聴き逃し配信を実施する。

  • NHK-FM「FMシアター『一時帰宅』」の音楽を担当するシンガー・ソングライター、タテタカコ(NHK提供)
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 朝ドラ「あさが来た」弟役・二宮輝生がNHK-FMラジオドラマ『一時帰宅』で主演