2018.11.9 07:01(1/2ページ)

柄本時生が「さくらの親子丼2」出演!母・角替さんの味思い出した

柄本時生が「さくらの親子丼2」出演!母・角替さんの味思い出した

母・角替さんの死を乗り越えて熱演する時生(左)。真矢(中央)や名取(右)とのコンビネーションにも注目だ

母・角替さんの死を乗り越えて熱演する時生(左)。真矢(中央)や名取(右)とのコンビネーションにも注目だ【拡大】

 俳優、柄本時生(29)が12月1日スタートのフジテレビ系「さくらの親子丼2」(土曜後11・40)に出演することが8日、分かった。先月27日に母親で女優、角替和枝さん(享年64)を亡くした時生は、密葬の翌11月3日に悲しみをこらえてクランクイン。食事を通じて親子の絆を描く感動作とあり、食事の思い出を聞かれると、「母の作るうどんはウマかった」と懐かしんだ。

 質素でもおいしい食事を楽しむことが幸せにつながる-。そんな思いがつまったフジ系「さくらの親子丼2」に出演する時生は、“おふくろの味”を支えに奮闘中だ。

 同作は昨年10月期に同局系で放送された人気ドラマの続編で、真矢ミキ(54)が前作に続いて主演。虐待被害などを受けた子供たちの入居施設を舞台に、無償で親子丼を振る舞うさくら(真矢)が食事の世話を通じて、大人に不信感を持つ子供たちと向き合うヒューマンドラマだ。

 時生は入居者の法的支援をする新人弁護士役で今作から新加入。2日に行われた母の密葬に父で俳優の柄本明(70)、兄で俳優の柄本佑(31)、佑の妻でNHK連続テレビ小説「まんぷく」でヒロインを務める安藤サクラ(32)らと参列した後、気持ちを切り替えて、3日にクランクインした。

 制作側を通じてコメントを寄せた時生は、物語にちなんで柄本家の名物料理は「母の作るうどん」だったと告白。「『スタミナうどん』って呼んでました。(具材は)トマトと豚肉と長ネギと卵とシイタケ。かつおぶしでだし汁を取って、味は塩こしょうのみ」と明かし、「先日、自分で作ったら味も再現できて、イケてましたよ」と喜んだ。

【続きを読む】

  • 「さくらの親子丼2」に出演する柄本時生
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 柄本時生が「さくらの親子丼2」出演!母・角替さんの味思い出した