2018.11.9 22:55

東北新幹線、携帯バッテリー発煙で緊急停止 4人搬送、1人けが

東北新幹線、携帯バッテリー発煙で緊急停止 4人搬送、1人けが

 9日午後5時55分ごろ、東京発盛岡行きの東北新幹線はやぶさ65号(17両編成)が上野-大宮間を走行中、6号車の車内で乗客のモバイルバッテリーから煙が確認され、緊急停止した。埼玉県警大宮署によると、6号車に乗っていた女性がバッテリーをかばんから床に落とした際に発煙した可能性があり、詳しい原因を調べている。メーカー名は読み取れない状態という。

 JR東日本や消防によると、車掌が消火したが、体調不良を訴えた20代の女性4人が救急搬送されたほか、後続車に乗り換えた1人がやけどを負ったと仙台駅で申し出た。

 はやぶさ65号は安全確認後に9分遅れで大宮駅まで到着し、先の区間が運休となった。大宮駅のホームは6号車周辺に消防隊員らが集まり、一時騒然とした。

 新幹線内での電子機器やバッテリーのトラブルは相次いでおり、今年9月には西明石-姫路間を走っていた山陽新幹線のぞみで、女性客のかばんにあった充電用バッテリーが発火し左足首にやけどを負った。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 東北新幹線、携帯バッテリー発煙で緊急停止 4人搬送、1人けが