2018.11.8 09:00(1/3ページ)

【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】トルクの味付けがまったく違う3車

【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】

トルクの味付けがまったく違う3車

  • 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】トルクの味付けがまったく違う3車
  • 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】トルクの味付けがまったく違う3車
  • 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】トルクの味付けがまったく違う3車
  • 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】トルクの味付けがまったく違う3車
  • 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】トルクの味付けがまったく違う3車
  • 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】トルクの味付けがまったく違う3車
  • 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】トルクの味付けがまったく違う3車
  • 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】トルクの味付けがまったく違う3車
  • 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】トルクの味付けがまったく違う3車
  • 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】トルクの味付けがまったく違う3車
  • 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】トルクの味付けがまったく違う3車

 最新SUVのCR-V・フォレスター・エクリプス クロスを一気に集めて比較する全3回企画の第2弾。今回は走行編です。

 1台だけを見ていると「最近のクルマはどれも完成度高いなあ」なんて感心して違いに気づきにくいのですが、こうして同時に比べると実は各車、けっこうな個性があることに気づきます。

 たとえば同じ1.5L直噴ターボのCR-Vとエクリプス クロスですが、実際には真逆のエンジン特性という発見があったり。

 テストするのはライターのウナ丼、スバルマニア・ライターでSUBARUモータースポーツ応援プロジェクト・マネージャーも務める「いもっち」こと井元貴幸、スーパー耐久レーサー兼メカニックの「まっつん」こと松本和之の3名です。

 まずはCR-V EX・マスターピースから走行開始します。

 試乗した車両のユニットは1.5L直噴ターボ。最高出力は190ps/5600rpm、最大トルクは24.5kgm/2000-5000rpm。前後サスペンションはストラットとマルチリンクとなっています。

 井元「感心するのはCR-Vのラインナップの多さです。ガソリンとハイブリッドがあり、FFに4駆。そして5人乗りと7人乗りをラインナップしてますもんね」

 松本「フォレスターはパワーユニットは2種ですが4駆のみ、エクリプス クロスはFFと4駆が選択できますがエンジンは一種類ですもんね。で、いずれも定員は5名のみ」

 ウナ丼「CR-Vだけ唯一、7人乗りを選択できる、と」

 井元「あのね、こういうSUVを買う年代って、若いときには速いクルマでブイブイ言わせていた人も多いと思うんですよ。それがあるとき家族を持ってみたら奥さんにミニバン買ってくれとかって言われちゃうんですよね」

 ウナ丼「ありがちな話です」

 井元「だから、多人数乗り車になるのは仕方ないとしても、運転する楽しさは譲れないという人はこのCR-Vの7人乗りぐらいがちょうどいいんじゃないでしょうか」

 松本「ホンダらしい、素直に応答するステアリングフィールを感じますね。コーナリング時にスバルとはまたニュアンスが違いますが、ロールが少なくていい感じです。スバルは低重心ユニットゆえの安定感がありますが、ホンダは車両全体のセッティングでその安定感を出してる感じです」

 井元「この1.5L直噴ターボは過給器付きというより大排気量NAみたいなフィーリングで乗りやすいですね。まあ、でもそれが絶対的にいいかは好みの問題で、中にはどうせターボならガツンとくるような加速がいいといういう人もいます」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】トルクの味付けがまったく違う3車