2018.11.7 21:09

金正男氏殺害事件、公判来年に延期 弁護側の証人尋問、弁護士の1人手術で

金正男氏殺害事件、公判来年に延期 弁護側の証人尋問、弁護士の1人手術で

特集:
金正男氏殺害事件

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアの空港で殺害された事件で実行犯として殺人罪に問われた女2被告の公判で、クアラルンプール近郊の高裁は7日、弁護側の証人尋問を来年に延期することを決めた。今月から開始する予定だったが、弁護士の1人が病気で手術を受けたため延期となった。

 新たな公判期日は来年1月7日~4月9日。弁護側は事件について警察に証言した関係者8人の調書の開示を求めており、同高裁が12月14日に決定を出す。

 起訴状などによると、ベトナム国籍のドアン・ティ・フオン、インドネシア国籍のシティ・アイシャの両被告は昨年2月13日、北朝鮮国籍の男4人と共謀し、クアラルンプール国際空港で正男氏の顔に猛毒の神経剤VXを塗り、殺害したとされる。男4人は直後に出国、帰国したとみられる。(共同)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 金正男氏殺害事件、公判来年に延期 弁護側の証人尋問、弁護士の1人手術で