2018.11.7 18:11(1/3ページ)

【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】最低地上高の取り方に3車の違いが現れる

【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】

最低地上高の取り方に3車の違いが現れる

【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】最低地上高の取り方に3車の違いが現れる

【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】最低地上高の取り方に3車の違いが現れる【拡大】

 最新SUVのCR-V・フォレスター・エクリプス クロスを一気に集めて比較してみました。

 1台だけを見ていると「最近のクルマはどれも完成度高いなあ」なんて感心して違いに気づきにくいのですが、こうして同時に比べると実は各車、けっこうな個性があることに気づくのです。

 たとえばCR-Vは今回の3車中で最も幅がありますが、実際には外観デザインのある工夫によって取り回しがしやすかったりという発見があったり。というわけで全3回でお届けするSUV比較レポート、第1回・外観チェック編をお届けします。

 テストするのはライターのウナ丼、スバルマニア・ライターでSUBARUモータースポーツ応援プロジェクト・マネージャーも務める「いもっち」こと井元貴幸、スーパー耐久レーサー兼メカニックの「まっつん」こと松本和之の3名です。

 まずはフォレスターからチェックしていきます。

 今回用意したグレードは「アドバンス」で309万9600円。サイズは全長×全幅×全高:4625×1815×1715mmです。

 ウナ丼「アドバンスというグレードはハイブリッド車ですか?」

 井元「はい、実際にはスバルではハイブリッドとは呼称せずにe-ボクサーという名前をつけています。145ps/6000rpmの水平対向4気筒直噴NAユニットに13.6psのモーターを組み合わせマイルドハイブリッドです」

 ウナ丼「外観でハイブリッドとそれ以外を見分けるポイントはありますか?」

 井元「ボディのアンダー部分にシルバーの加飾が加わったりするなどして質感を高めているのが特徴です。ただし実はこの特徴は2.5L直噴エンジン搭載の『プレミアム』とも共通です。このためe-ボクサーを表すバッジを除けば外観でハイブリッドを強く主張している部分はありません」

【続きを読む】

  • 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】最低地上高の取り方に3車の違いが現れる
  • 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】最低地上高の取り方に3車の違いが現れる
  • 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】最低地上高の取り方に3車の違いが現れる
  • 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】最低地上高の取り方に3車の違いが現れる
  • 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】最低地上高の取り方に3車の違いが現れる
  • 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】最低地上高の取り方に3車の違いが現れる
  • 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】最低地上高の取り方に3車の違いが現れる
  • 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】最低地上高の取り方に3車の違いが現れる
  • 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】最低地上高の取り方に3車の違いが現れる
  • 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】最低地上高の取り方に3車の違いが現れる
  • 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】最低地上高の取り方に3車の違いが現れる
  • 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】最低地上高の取り方に3車の違いが現れる
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 【CR-V・フォレスター・エクリプスクロス比較】最低地上高の取り方に3車の違いが現れる