2018.11.6 05:03(1/2ページ)

「年金暮らしジジイ」青森市議当選者・山崎翔一氏、差別的ツイートで任期前“初仕事”が謝罪会見

「年金暮らしジジイ」青森市議当選者・山崎翔一氏、差別的ツイートで任期前“初仕事”が謝罪会見

ツイッターの“裏アカ投稿”での差別表現が発覚した山崎氏。市議となる青森市内で会見、謝罪した

ツイッターの“裏アカ投稿”での差別表現が発覚した山崎氏。市議となる青森市内で会見、謝罪した【拡大】

 10月28日投開票の青森市議選で初当選した無所属新人の山崎翔一氏(28)が5日、ツイッターに「年金暮らしジジイ」などと差別的な表現を含む投稿をしていたことについて、青森市内で記者会見し「深く考えず投稿してしまった」と謝罪した。市議としての任期は今月26日から始まるが「職務を全うしたい」とし、そのまま就任する考えを表明した。

 当選したばかりの新人市議にツイッターでの暴言が発覚。任期を迎える前から謝罪に追われた。

 「不適切な投稿により、多数の方に不快な思いをさせ、誠に申し訳ございません。深く考えず投稿してしまいました」

 青ざめた表情で会見したのは、青森市議に初当選したばかりの山崎氏。10月28日の投開票日に2124票を得て、定数35人中28番目で当選した。その直後に匿名アカウントでの投稿が次々と明るみに出た。

 問題とされた投稿は、今年8月下旬からの4回。「片腕落として障害者雇用」「おかまの物乞い」などの差別的な表現を投稿したのに続き、投開票日にも「年金暮らしジジイを舐めすぎ 平日の役所窓口で罵声叫んでるのだいたい爺さん」とつぶやいた。

【続きを読む】

  • 一連の不適切投稿について記者会見する、青森市議選で初当選した山崎翔一氏=5日午前、青森市
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 「年金暮らしジジイ」青森市議当選者・山崎翔一氏、差別的ツイートで任期前“初仕事”が謝罪会見