2018.11.5 17:52(1/2ページ)

SUVらしい力強さと楽しさの両立は可能!?新型CR-Vのデザインが目指したホンダらしさとは?

SUVらしい力強さと楽しさの両立は可能!?新型CR-Vのデザインが目指したホンダらしさとは?

  • SUVらしい力強さと楽しさの両立は可能!?新型CR-Vのデザインが目指したホンダらしさとは?
  • SUVらしい力強さと楽しさの両立は可能!?新型CR-Vのデザインが目指したホンダらしさとは?
  • SUVらしい力強さと楽しさの両立は可能!?新型CR-Vのデザインが目指したホンダらしさとは?
  • SUVらしい力強さと楽しさの両立は可能!?新型CR-Vのデザインが目指したホンダらしさとは?
  • SUVらしい力強さと楽しさの両立は可能!?新型CR-Vのデザインが目指したホンダらしさとは?
  • SUVらしい力強さと楽しさの両立は可能!?新型CR-Vのデザインが目指したホンダらしさとは?
  • SUVらしい力強さと楽しさの両立は可能!?新型CR-Vのデザインが目指したホンダらしさとは?

 2年ぶりに日本市場へ帰ってきたCRーV。すっかり大きく立派になったボディには、どのような「CR-Vらしさ」が込められているのか? さっそく担当デザイナーに話を聞いてみました。

 -- はじめに、造形上のキーワードは「モダン」「ファンクショナル」「ダイナミック」とのことですが、この言葉自体は他社でもよく耳にします。では、CR-Vならではの特徴は何でしょうか?

 「モダンさでは乗用車のよさを残していること、機能面ではユーザーが楽しく便利になること。この両方を備えることがホンダらしさといえますね。ダイナミックでは、今回、骨格自体から力強さを出すことがテーマだったんです」

 -- 最初に言ってしまうと、個人的にこのクルマの最大の魅力はスタンスのよさだと感じています。そこは意識したところ?

 「もちろんです。最初は鷹栖のコースにライバルを並べ遠目での検証を行ったんです。で、先代まではSUV感が若干薄く、結果他車の中に埋没していた。じゃあ、骨格から見直しを図ろうと、キャビンは「小顔」に、足腰はしっかり張り出させたわけです」

 -- 今回は、そのスタンスのよいボディに乗るディテールが課題です。まず、フロントフェイスはお馴染みですが、このホンダ顔はやっぱり必須?

 「ソリッドウイングですね。どれもこれもこの顔なのは?という疑問は分かりますが、これはいわばホンダ一族の顔を示すものなので。ただ、そろそろ次の世代を検討する時期なので、今後は変わるかもしれませんよ(笑)」

 -- バンパー両端のスリット状の処理は、多くのメーカーがやっていて皆同じに見えます。これはデザイナーで流行になっているのでしょうか?

 「それはありますね(笑) ホンダではエアカーテンと呼んでいて、クラリティや新しいアコードで明快に表現している。実は歩行者保護の基準でこの角は削る必要があって、じゃあ、その部分の空力をどう処理しようと各社間でテーマになったんです。その回答へ皆が集中した」

 -- フードの両端を大きく持ち上げていますが、それによってAピラー下の面が少々煩雑になっています

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. SUVらしい力強さと楽しさの両立は可能!?新型CR-Vのデザインが目指したホンダらしさとは?