2018.11.4 09:00

マツダ・デミオ次期型、1.5リットルSKYACTIVE-X搭載の可能性も!

マツダ・デミオ次期型、1.5リットルSKYACTIVE-X搭載の可能性も!

 マツダの欧州Bセグメント「デミオ」(海外名 マツダ2)次期型の情報、その情報を元に予想CGを制作しました。

 次期型予想CGでは、「魁CONCEPT」からインスパイアされたデザインをベースに、同ブランドのデザインテーマである「魂動-Soul of Motion」を継承。

マツダ・デミオ次期型、1.5リットルSKYACTIVE-X搭載の可能性も!

 フロント部のヘッドライトは、細く切れ長のシャープなデザインが予想されます。上段にはLED、グリルからつながる枠ラインもポイントです。アンダーグリル両サイドには膨らみを持たせ、またその内側は凹ませ立体的な構造に。

 リアビューは、若干ハイデッキデザインです。Cピラー部分を切り立ったデザインでシャープにされ、またキャラクターラインも直線的なものに変更。アンダー部分は大きく張り出しを持たせ、迫力がアップされそうです。

マツダ・デミオ次期型、1.5リットルSKYACTIVE-X搭載の可能性も!

 「デミオ」は1996年に初代が発売して以降、2002年には第二世代へ突入。「DYプラットフォーム」の採用や、新開発「MZR」系エンジンを搭載し注目を集めました。2007年に登場した第三世代では「DEプラットフォーム」に変更。ボディサイズはわずかに大型化されています。

マツダ・デミオ次期型、1.5リットルSKYACTIVE-X搭載の可能性も!

 現行モデルである第四世代は2014年に発売。「魂動」デザインをテーマに、ボディは一気に拡大されています。また躍動感のあるフロントマスクに、新開発のディーゼルエンジンを搭載しました。

 新型のパワートレインは、新型「アクセラ」に続いて第二世代SKYACTIV-Xを搭載するのは間違いありません。ラインアップは、1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジン、及び1.5リットル直列4気筒クリーンディーゼルが噂されています。

マツダ・デミオ次期型、1.5リットルSKYACTIVE-X搭載の可能性も!

 新技術として「SPCCI」(Spark Controlled Compression Ignition)と呼ばれる火花点火制御圧縮着火式の採用が予想され、シャープなレスポンスやトルクフルで、抜群の加速感を、これまで以上の低燃費・環境性能とともに楽しめるエンジンを実現します。

 またEVモデルの可能性もあります。すでに2012年からリース販売がされており、実績があるため可能性はあるかも知れません。ただし、実現してもデビューは遅れる見込みです。 (APOLLO)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. マツダ・デミオ次期型、1.5リットルSKYACTIVE-X搭載の可能性も!