2018.11.4 09:00(1/3ページ)

栄光の凱旋パレード「ポルシェ919ハイブリッド」が最後に公道を走行!

栄光の凱旋パレード「ポルシェ919ハイブリッド」が最後に公道を走行!

  • 栄光の凱旋パレード「ポルシェ919ハイブリッド」が最後に公道を走行!
  • 栄光の凱旋パレード「ポルシェ919ハイブリッド」が最後に公道を走行!
  • 栄光の凱旋パレード「ポルシェ919ハイブリッド」が最後に公道を走行!
  • 栄光の凱旋パレード「ポルシェ919ハイブリッド」が最後に公道を走行!
  • 栄光の凱旋パレード「ポルシェ919ハイブリッド」が最後に公道を走行!
  • 栄光の凱旋パレード「ポルシェ919ハイブリッド」が最後に公道を走行!
  • 栄光の凱旋パレード「ポルシェ919ハイブリッド」が最後に公道を走行!
  • 栄光の凱旋パレード「ポルシェ919ハイブリッド」が最後に公道を走行!
  • 栄光の凱旋パレード「ポルシェ919ハイブリッド」が最後に公道を走行!
  • 栄光の凱旋パレード「ポルシェ919ハイブリッド」が最後に公道を走行!

 栄光の凱旋パレードだった! 10月25日朝、2台の「ポルシェ919ハイブリッド」がポルシェシュトラーセ911番地のヴァイザッハR&Dセンターからツッフェンハウゼン ポルシェプラーツ1番地の同社ミュージアムまでの公道を走った。その距離25km。操るのはご存じ、マーク・ウェバーとマルク・リープの二人だ。このパレードをもって919ハイブリッドはミュージアム入りを果たし、かつての名車とともに余生を過ごすことになる。

 この日、公道を走った2台の919ハイブリッドのうちの1台「919ハイブリッド Evo」のステアリングを握ったのはウェバーだった。919 Evoは、919の短距離走版。ポルシェが2017年シーズン終了をもって長距離耐久レースのWECから撤退したのち、タイムアタックに特化して作ったマシンだ。

 919 Evoは恐るべきスプリント力を発揮した。今年4月にはスイス人ドライバー、ニール・ジャニの操縦により、スパ・フランコルシャンを1分41秒77で周回してみせた。2017年にルイス・ハミルトンがF1マシンのメルセデスAMGで出した予選最速タイムを上回る驚愕の記録だった。

 さらなるサプライズが続く。6月にはティモ・ベルンハルト駆る919 Evoが、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで、5分19秒55のコースレコードを樹立する。従来の記録は、1983年5月、シュテファン・ベロフがポルシェ956で出した6分11秒13。まず破られることはないと言われていた絶対記録をポルシェは自ら塗り替えたことになる。

 2015年に919ハイブリッドでWECチャンピオンに輝いたマーク・ウェバーは笑顔でこう語る。

 「こんな野獣を公道のトラフィックのなかで走らせるなんて正気の沙汰ではないですよね。でも楽しみました。こういうクールなパフォーマンスをやってみせるところが、いかにもポルシェらしい。919でWECを戦ったシーズンは私にとって大きな意味があります。919 Evoを『ホーム』に返すパレードに参加できて光栄です」

 マルク・リープはWEC仕様の919ハイブリッドに乗った。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 栄光の凱旋パレード「ポルシェ919ハイブリッド」が最後に公道を走行!