2018.11.3 16:47

ポルシェに初のEVクロスオーバー誕生か「タイカン スポーツツーリスモ」開発車両をキャッチ

ポルシェに初のEVクロスオーバー誕生か「タイカン スポーツツーリスモ」開発車両をキャッチ

  • ポルシェに初のEVクロスオーバー誕生か「タイカンスポーツツーリスモ」開発車両をキャッチ
  • ポルシェに初のEVクロスオーバー誕生か「タイカンスポーツツーリスモ」開発車両をキャッチ
  • ポルシェに初のEVクロスオーバー誕生か「タイカンスポーツツーリスモ」開発車両をキャッチ
  • ポルシェに初のEVクロスオーバー誕生か「タイカンスポーツツーリスモ」開発車両をキャッチ
  • ポルシェに初のEVクロスオーバー誕生か「タイカンスポーツツーリスモ」開発車両をキャッチ
  • ポルシェに初のEVクロスオーバー誕生か「タイカンスポーツツーリスモ」開発車両をキャッチ
  • ポルシェに初のEVクロスオーバー誕生か「タイカンスポーツツーリスモ」開発車両をキャッチ

 ポルシェ初の市販EVスポーツ「タイカン」に、派生モデルとなるクロスオーバー「タイカン スポーツツーリスモ」(仮称)が誕生します。

 このモデルは2018年3月のジュネーブモーターショーで初公開された「ミッションEクロスツーリスモ」がベースとなり、オフロード仕様のクロスオーバーモデルです。市販化されれば、同ブランドにとって初のEVクロスオーバー誕生となります。

 捉えた試作車はDピラー部分が完全にカモフラージュされていますが、「タイカン」のクーペスタイルと異なり、ラゲッジスペースが大型化されたシューティングブレーキスタイルが特徴です。

 リフトアップされたボディにワイドフェンダーなどでSUVテイストが強く出されると思われます。「タイカン」同様、全長は4950mmが予想されますが、ライバルのテスラ「モデルS」に対抗して5+2(子供)のシートも噂されています。

 パワーユニットには2つのパーマネントマネージメントシステムモーター(PSM)を搭載。最大出力600ps以上を発揮し、0~100km/h加速は3.5秒以下で、12秒以内に200km/hに達するハイパフォーマンスを持ちます。駆動方式は4WDですが、遅れて廉価版FRモデルの登場も予想されます。

 ポルシェは、800V充電器に対応する高速充電「ターボチャージング・ステーション」を展開しており、15分でバッテリー容量の80%を充電できます。2019年の後半までに北米で500のステーションを設置する計画を持っており、タイカン同様に1回の充電での航続は500km以上を目指し開発が進められています。

 ベースモデルの「タイカン」は、2019年3月以降の登場が予想されていますが、早ければ「スポーツツーリスモ」も2019年内の登場が期待できるかもしれません。 (APOLLO)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. ポルシェに初のEVクロスオーバー誕生か「タイカン スポーツツーリスモ」開発車両をキャッチ