2018.11.2 08:00

大坂なおみ憧れの俳優が主演!「クリード」続編の日本版ポスター解禁

大坂なおみ憧れの俳優が主演!「クリード」続編の日本版ポスター解禁

「戦わなければならない奴がいる。」というコピーとともに、因縁を抱えた4人が向かい合う日本版ポスターが解禁!(C)2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

「戦わなければならない奴がいる。」というコピーとともに、因縁を抱えた4人が向かい合う日本版ポスターが解禁!(C)2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.【拡大】

 「ロッキー」シリーズの新章として注目を集めた米ボクシング映画「クリード チャンプを継ぐ男」(2015年公開)の続編の邦題が「クリード 炎の宿敵」(スティーブン・ケイプルJr.監督、来年1月11日公開)に決まり、2日、日本版オリジナルポスターとともに解禁される。

 前作は、アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン、31)をボクシングの王者にするために、ロッキー(シルベスター・スタローン、72)が再び立ち上がる姿を描き、全世界で興収1億7356万ドル(約195億円)のヒットに。スタローンはゴールデン・グローブ賞の最優秀助演男優賞を受賞。一方、ジョーダンは、テニスの全米オープン女子シングルスで優勝した大坂なおみ(21)が憧れる俳優として話題になった。

 続編は、ロッキーシリーズ全6作品で最高の全世界興収を記録した「ロッキー4/炎の友情」を思わせるタイトル。王者となったアドニスのもとに、かつて父をリングで殺した宿敵・イワンの息子、ヴィクターとの対戦話が舞い込み、ロッキーの反対を押し切って父の復讐(ふくしゅう)に挑む姿を描く。

 日本版ポスターでは、ロッキーとイワン、アドニスとヴィクターが向かい合う。迫力のファイトと、アドニスとロッキーの世代を超えた友情は、見応え十分だ。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 大坂なおみ憧れの俳優が主演!「クリード」続編の日本版ポスター解禁