2018.10.30 11:04

猿回し「ゆりありく」のオスザル、りくが引退公演開催

猿回し「ゆりありく」のオスザル、りくが引退公演開催

初の単独ライブ「ゆりありく 猿まわしの世界」を開催する左からゆりあ、オスザルのりく(所属事務所提供)

初の単独ライブ「ゆりありく 猿まわしの世界」を開催する左からゆりあ、オスザルのりく(所属事務所提供)【拡大】

 “反省ザル”でおなじみの村崎太郎・次郎一門の猿回し芸人、ゆりありくが30日午後2時と同午後7時から、初の単独ライブ「ゆりありく 猿まわしの世界」(平成30年度文化庁芸術祭参加公演)を東京・杉並区の座・高円寺2で開催する。

 2000年の結成以降、ゆりあ(40)とパートナーを組んできたオスザルのりく(20)が同公演で引退。

 猿回し業界では初めてタップダンスに成功し、切れ味鋭いドロップキック芸など業界随一の芸達者として知られるりく。お笑いコンビ、爆笑問題らがネタを披露する定期お笑いライブ「タイタンシネマライブ」にレギュラー出演中の人気者だ。

 ゆりありくの特徴は、ボケとツッコミを関係性を巧みに演じ分け、時には時事ネタなどを盛り込んだコントなどを披露する点。大道芸的な要素が強い猿回しを爆笑を誘うコンビ芸に進化させてきた。

 今回の見どころについてゆりあは「新しい挑戦になる『猿芸と映像のコラボレーション』に注目!」とアピール。続けて、「りくとの18年、楽しかったこと、うれしかったこと、つらかったこと、いろいろありました。りくと歩んできたこと全てが、この公演に詰まってます。りくの芸だけではなく、私とりくの18年で築き上げてきた関係性だからこそできる、呼吸を合わせる瞬間も感じ取っていただければうれしいです。りくと最後の最後まで新しいことに挑戦することができたのも、りくが健康で、りくが私についてきてくれたからこそです。りくの最後の雄姿をたくさんの方に見ていただき、大歓声をりくに聞かせてあげたいと思っています」。

 最高の相方・りくへの感謝の想いを込めながら熱演を約束した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 猿回し「ゆりありく」のオスザル、りくが引退公演開催