2018.10.28 15:27

「大谷アート」収穫迎える 地元岩手の田んぼで中、小中学生らが稲刈り

「大谷アート」収穫迎える 地元岩手の田んぼで中、小中学生らが稲刈り

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(24)をモデルにした岩手県奥州市の田んぼアートが収穫の時期を迎えた。28日は秋晴れの中、小中学生ら約150人が鎌を使い、泥で服を汚しながら稲刈りを楽しんだ。

 アートは同市出身の大谷選手が投打の「二刀流」で活躍する姿を、7種類の異なる色の稲で約40アールの田んぼに表現。数カ月が経過し黄金色になったものの、迫力あるピッチングフォームや打撃の様子を確認できる。

 参加した同市の小学2年小原結和さん(7)は「鎌を使うとざくざくと切れて楽しかった」と満面の笑み。川崎市から参加した主婦(77)は「大谷くん頑張れと応援しながら刈った」と話した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 「大谷アート」収穫迎える 地元岩手の田んぼで中、小中学生らが稲刈り