2018.10.28 18:40

ケツメイシ、“ジュリー現象”は避けられた?「7000人しか来なかったら…」

ケツメイシ、“ジュリー現象”は避けられた?「7000人しか来なかったら…」

メットライフドーム公演を行ったケツメイシ

メットライフドーム公演を行ったケツメイシ【拡大】

 男性4人組ヒップホップグループ、ケツメイシが28日、埼玉・所沢市のメットライフドームで初のドーム公演を行った。

 約3万5000人の大歓声の中、リーダーの大蔵(42)は「初ドーム、来たぞ!弾ける準備はできているでしょうね!!」と歓喜の雄たけび。

 MC担当のRYO(45)は、17日のさいたまスーパーアリーナ公演を直前で中止した歌手、沢田研二(70)を引き合いに出し、「初のドームでのライブはわれわれにとって挑戦であります。お客さんが(沢田が中止した人数の)7000人しか来なかったら『ドタキャンして帰ろうね』とメンバーで言っていたけれど、“ジュリー現象”は避けられたようです」とお茶目に語って笑わせた。

 野球をテーマに、代表曲「出会いのかけら」「トモダチ」からオリコンデイリーチャート4日間連続1位の新アルバム「ケツノポリス11」の収録曲「つながって」「なみだ川」まで新旧交えた23曲を披露。ヒット曲「はじまりの予感」のジャケット写真を飾ったお笑いコンビ、アンタッチャブルの柴田英嗣(43)もゲスト出演して盛り上げた。

 来年3月30日から同アルバムを引っさげて展開する全国ツアー(11カ所20公演)のタイトルが「KTM TOUR 2019 荒野をさすらう4人のガンマン」に決まったことも発表し、大蔵は「ステーキ、サボテン、テキーラとかをミックスしたようなウエスタン風で行こうかと思っています。信頼と実績を重ねていきたい」と意気込んだ。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. ケツメイシ、“ジュリー現象”は避けられた?「7000人しか来なかったら…」