2018.10.28 15:18

石倉三郎、角替和枝さんと無言の対面 柄本明に「飯だけは食えよ」

石倉三郎、角替和枝さんと無言の対面 柄本明に「飯だけは食えよ」

弔問に訪れた石倉三郎

弔問に訪れた石倉三郎【拡大】

 27日に原発不明がんで亡くなった女優、角替和枝(本名・柄本和枝)さん(享年64)の東京都内の自宅を訪れた俳優、石倉三郎(71)が28日正午すぎ、集まった報道陣に対応した。

 石倉は、角替さんの夫で俳優の柄本明(69)と舞台「誰もいない国」(11月8~25日、東京・新国立劇場)で共演。夫妻と親交の深い石倉はこの日、柄本同席のもと角替さんと無言の対面をしたといい、「かわいい顔をしていました。『来たよ』って声を掛けたけれど答えてくれなかった」と沈痛な表情を見せた。

 「9月に病気のことを知らずに会ったときは軽口を言っていました。痩せてもいなかった」と振り返り、その後、同舞台の稽古中に柄本から聞かされたといい、「急でした。最後に会ったのは3日ほど前。寝てたけどね。毎年、検査していたのに、その後で分かったみたいで。検査ってなんなんでしょうね」とポツリ。石倉によると角替さんは手術をせず、自宅で治療をしていたようだ。

 角替さんは、所属する劇団東京乾電池で11月23日に開幕する舞台「さらっていってよピーターパン」(25日まで、東京・アトリエ乾電池)の演出を担当することになっており、石倉は「したい芝居もいっぱいあったろうしね。むなしいですよ」と声を落とした。

 柄本については「けいこ中だから大変だと思いますけど、気丈にやっていますよ。しんどいと思いますよ。『飯だけは食えよ』って言ってきました」と思いやった。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 石倉三郎、角替和枝さんと無言の対面 柄本明に「飯だけは食えよ」