2018.10.28 11:00(1/2ページ)

【大河のころ 緒形直人(4)】親子3代で大河主演、長男・緒形敦に力がついた時に…

【大河のころ 緒形直人(4)】

親子3代で大河主演、長男・緒形敦に力がついた時に…

特集:
大河のころ
結婚会見を行ったときの緒形(左)と仙道。人気俳優&女優の結婚は大きな話題になった=1993年12月撮影

結婚会見を行ったときの緒形(左)と仙道。人気俳優&女優の結婚は大きな話題になった=1993年12月撮影【拡大】

 13カ月間撮影が続いたので、クランクアップした後も、まだ現場があるような気がしていました。時代劇が好きだし、「信長」は大事な作品になったけれど、あの時の経験が今にどう生きているかを語るには、もう少し時間がかかるのかな…。俳優人生はまだまだ長いですからね。

 当時は「学芸会大河」と揶揄(やゆ)もされましたし。それを書いた記者たちを見返せたかは分からないです。「信長」で共演した同世代の役者との距離が縮まった感触もない。分かりやすい勝ち負けの世界ではないのでね。

 いまの僕を見た人が、大河ドラマに主演したから時代劇での姿が安定して見えるとか、ゆとりのある芝居ができているとか思ってくれれば。自分でも死ぬ前にそう思えたらいいなと思います。

 僕が演じた信長は繊細で異色でしたが、これが本当の信長の姿だと思って演じていました。脚本の田向正健先生の独特な言い回しがしっくりきました。また大河で信長役のオファーが来たら? どうですかね。田向先生が生きていて、もう1回あの感じで演じることができ、ちょこっとしか出ない役だったら間違いなくやると思います。

 当時は、僕の父(緒形拳さん)が1965年に「太閤記」の豊臣秀吉役で主演したこともあり、相当なプレッシャーを感じましたが、実は僕の息子(長男で俳優、緒形敦)も役者の道を歩み始めました。昔から職人の世界でも3代続けば立派なものだといわれるので、まずは役者として3代目ができたことは良かったとは思います。

【続きを読む】

  • 緒形敦
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【大河のころ 緒形直人(4)】親子3代で大河主演、長男・緒形敦に力がついた時に…