2018.10.27 00:15

BMWが本格スーパーカー製造に意欲 ベースは「i8」でトヨタとの提携の可能性も

BMWが本格スーパーカー製造に意欲 ベースは「i8」でトヨタとの提携の可能性も

BMWが本格スーパーカー製造に意欲 ベースは「i8」でトヨタとの提携の可能性も

BMWが本格スーパーカー製造に意欲 ベースは「i8」でトヨタとの提携の可能性も【拡大】

 BMWは、近い将来本格的スーパーカーの製造に着手する可能性があることがわかりました。これは、同ブランドの取締役クラウス・フレーリッヒ氏が、オーストラリア・ジャーナリストのインタビューで語ったものです。

 インタビューでは「現在フラッグシップ・クーペとして「8シリーズ」という美しいモデルが存在する。しかしスーパーカーではない。個人的には一生に一度、スーパーカーを作りたいと思っている。私はあきらめていない」と語っています。

 BMWには、かつて「M1」というスーパーカーが存在しました。ジウジアーロにデザイン、ランボルギーニに開発とシャシーの製造を委託し(その後提携を解消)、1978年のパリサロンで初公開されました。その「M1」を現代に蘇らせるイメージで開発を進めたいといいます。

 新型スーパーカーは「i8」をベースにカーボンファイバーシャシーを採用。2t以下の車重、4リットルV型8気筒ツインターボエンジンと電気モーターを組み合わせるハイブリッドで、最高出力600psから700psを想定しているようです。

 開発は、BMW単独なのかコスト削減のため他スーパーカーメーカーのシャシーを共有するのかは未定ですが、具体的に開発がスタートしている可能性もあるようです。「スープラ」で実現したトヨタとの提携が続いて、「2000GT」後継モデルとのシャシー共有なども考えられるかもしれません。(APOLLO)

  • BMWが本格スーパーカー製造に意欲ベースは「i8」でトヨタとの提携の可能性も
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. BMWが本格スーパーカー製造に意欲 ベースは「i8」でトヨタとの提携の可能性も