2018.10.26 20:25

黒柳徹子、「ムンク展」スペシャルサポーター会見で叫んだのは…

黒柳徹子、「ムンク展」スペシャルサポーター会見で叫んだのは…

手前がパロディー、奥が本物の「叫び」

手前がパロディー、奥が本物の「叫び」【拡大】

 女優、黒柳徹子(85)が26日、東京・台東区の東京都美術館で、「ムンク展-共鳴する魂の叫び」の27日開幕を前にスペシャルサポーターとして会見した。

 初来日した油彩画の「叫び」を前に、「私が叫んだのは(1972年、上野動物園に)初めてパンダが来たとき、うれしくて…。(昨年6月)シャンシャンが生まれたときも」と回想。

 自らが叫んだ顔の写真をはめこんだパロディー版も特別に用意され「晩ご飯、食べられなかったぐらいの感じね」と絶望を表現した本物との違いに苦笑し、関係者や報道陣の笑いを誘った。

 同展は来年1月20日まで。 

  • 黒柳徹子
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 黒柳徹子、「ムンク展」スペシャルサポーター会見で叫んだのは…