2018.10.26 10:27

グーグル、セクハラ問題で48人解雇 過去2年で

グーグル、セクハラ問題で48人解雇 過去2年で

 米グーグルがセクハラを理由に過去2年間で、経営幹部13人を含む計48人の社員を解雇していたことが25日、分かった。スンダル・ピチャイ最高経営責任者(CEO)が社員への電子メールで明らかにした。米CNBCテレビ電子版などが伝えた。

 このメールに先立ち、米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は、スマートフォンの基本ソフト(OS)「アンドロイド」の生みの親として知られるアンディ・ルービン氏が2014年にグーグルを退社した背景にセクハラ問題があったと報じた。グーグルはルービン氏に対し、9000万ドル(約101億円)の退職金を分割で支払っているという。

 ピチャイ氏はメールで「安全な職場の提供を真剣に考えている」と述べ、この数年セクハラに対して厳しく対応していると強調。この2年で解雇した48人に退職金を支払っていないとした。ルービン氏への対応は言及しなかった。(共同)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. グーグル、セクハラ問題で48人解雇 過去2年で