2018.10.26 09:37

アイフォーンXR発売 低価格で販売の“本命”

アイフォーンXR発売 低価格で販売の“本命”

米アップルが発売したiPhoneXR(同社提供)

米アップルが発売したiPhoneXR(同社提供)【拡大】

 米アップルは26日、iPhone(アイフォーン)XR(テンアール)を発売した。携帯電話大手3社も取り扱う。先行した高級機「XS(テンエス)」、「XS Max(マックス)」よりも価格が安く、業界関係者の間では販売数量が最も大きい“本命”とみられている。

 アップルの直販で価格は8万4800円(税別)から。NTTドコモなど携帯大手3社の契約期間を固定した料金プランでは、割引が受けられる。

 外装を白や黒、青など6色そろえた。XSでは画面に有機ELパネルを採用しているが、XRでは液晶画面でサイズは6・1インチになる。前世代のアイフォーン8と違い、画面下にホームボタンがないのも特徴だ。

 カメラ撮影の向上などに人工知能(AI)技術を駆使しており、アップルは「価格を抑えながら、高機能に仕上げた」(広報)と説明している。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. アイフォーンXR発売 低価格で販売の“本命”