2018.10.21 21:43

口永良部島で小規模噴火 15年6月以来

口永良部島で小規模噴火 15年6月以来

 21日午後6時31分ごろ、鹿児島県屋久島町の口永良部島・新岳でごく小規模な噴火が発生した。気象庁によると、有色の噴煙が火口から100メートルの高さまで上がった。噴火の発生は2015年6月19日以来。

 気象庁は新岳の火口から約2キロの範囲では大きな噴石が飛散したり、火砕流が発生したりする可能性があるとして警戒を呼び掛けた。

 口永良部島では8月以降、新岳火口付近のごく浅い場所を震源とする火山性地震が増減を繰り返し、今月19日から多い状態となっていた。火山ガスも多いという。

 口永良部島では15年5月29日に爆発的噴火が発生。火砕流も発生して海岸まで到達。6月19日にも再噴火した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 口永良部島で小規模噴火 15年6月以来