2018.10.18 17:00

立憲民主の青山衆院議員が離党届 セクハラ告発受け訴訟対応

立憲民主の青山衆院議員が離党届 セクハラ告発受け訴訟対応

 青山雅幸衆院議員(比例東海、立憲民主党員資格停止中)は18日、静岡県庁で記者会見し、離党届を党本部に提出したと発表した。元支援者女性から受けたセクハラ被害の告発は事実無根として法的手続きに入る。「党に迷惑を掛ける恐れもあり、やむを得ず離党する」と述べた。今後は無所属で活動する。

 青山氏は弁護士で、昨年10月の衆院選で初当選。直後に自身の法律事務所の元秘書がセクハラ被害を週刊誌で告発したことを巡り、党員資格停止処分を受けた。

 元支援者の女性へのセクハラ被害も新たに確認されたとして、静岡県の女性市議2人が今年5月に議員辞職勧告を求める要望書を立民に提出。青山氏は名誉毀損の疑いで2人を静岡地検に刑事告訴したが不起訴処分となった。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 立憲民主の青山衆院議員が離党届 セクハラ告発受け訴訟対応