2018.10.18 13:42

安藤美姫×Toshl×鳥越俊太郎“初参戦” 「平成教育委員会SP」

安藤美姫×Toshl×鳥越俊太郎“初参戦” 「平成教育委員会SP」

解答者席でにこやかな表情のTosh1、安藤美姫、モーリー・ロバートソン(後方)(C)フジテレビ

解答者席でにこやかな表情のTosh1、安藤美姫、モーリー・ロバートソン(後方)(C)フジテレビ【拡大】

 21日放送のニチファミ!「平成教育委員会2018秋 大人も驚く!小学生が学ぶ最新ニッポンSP」(後8・0)に安藤美姫、Toshl、鳥越俊太郎が初参戦する。

 授業が始まる前、北野武先生から「ろう人形かと思った(笑)」といじり倒されたTosh1だが、「たけしさんに憧れてこの世界に入ったんです」と上機嫌。いよいよ、念願の授業がスタートした。

 新たな科目として登場する「国語feat.理科」に注目だ。教科の垣根を超えて総合的な知識を求めるもので、例えば「顔が青ざめる理由は恐怖を感じると○○が縮むから」など一見言葉の意味を問うものでも理科的な観点が求められる。

 「自分力テスト」もおもしろい。「歩きスマホ対策を考えなさい」など決まった答えがなく自分なら?という考えを求められるものも。「体験学習」の時間では、スーパーボランティアのあの尾畠春夫さんがVTR出演。ボランティアの“いろは”を指導する。

 収録後、安藤は「ガチなんだな」と実感。「祖母が大好きで、小さい頃から見ていた。スケートのコーチになりたいというのが現実味を帯びてきているので、もう“おばか”ではだめかなと(笑)。普段学べないこともあり、ためになりました」と緊張しながらもうれしそうだった。

 大ファンのたけしと初対面のToshlは「才能あふれるアーティストのたけしさんを心から尊敬している」と前置きし、「影響を受け、僕も新しい自分を切り開こうとチャレンジ中。(解答は)思ったより結構よく当たった」と振り返り、それよりも「自分力テストのときにたけしさんのすぐ横に立ち、めちゃめちゃ緊張。たけしさんから『としくん』と呼んでいただいてそれが一番うれしかった」と感激の様子だった。出演へのお礼の意味合いを込めて、最後にはToshlによるサプライズ演出(地域によっては放送されない)も用意されている。

 また、マルチタレントのモーリー・ロバートソンが26年ぶりに番組出演。“東大・ハーバード大に通ったミュージシャン”(当時29歳)として登場したロングヘアのモーリーの貴重な映像(1992年)も流れる。

 ほかの生徒は浦田直也(AAA)、岡田結実、神田愛花、劇団ひとり、新川優愛、立川談笑、塙宣之(ナイツ)、濱口優(よゐこ)、ビートきよし、藤吉久美子、光浦靖子(オアシズ)、横澤夏子。最優秀生徒に選ばれたのは、超意外な人物だった。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 安藤美姫×Toshl×鳥越俊太郎“初参戦” 「平成教育委員会SP」