2018.10.14 05:04

山根明氏、芸能界入りの声も「ボクシングに対して残っている思いが…」

山根明氏、芸能界入りの声も「ボクシングに対して残っている思いが…」

抽選会で桂由美デザインの黒留袖を当てた山根明氏(中央下)は、ファイティングポーズで会場を沸かせる

抽選会で桂由美デザインの黒留袖を当てた山根明氏(中央下)は、ファイティングポーズで会場を沸かせる【拡大】

 タレント、カイヤ(56)が13日、夫で俳優、川崎麻世(55)に離婚訴訟を起こされてから初めてイベントに登場した。東京都内で行われたタレント、デヴィ夫人(78)主催の慈善晩餐会「ザ グランド インペリアル チャリティ・バンケット」で、出席者との会話で「次は外国人と結婚したい」と話したという。また、女優、松居一代(61)、日本ボクシング連盟前会長の山根明氏(79)の“お騒がせ有名人”も顔をそろえた。

 イベントには、助成金流用などの不正問題で日本ボクシング連盟の会長を辞任した山根氏も出席。ファンである夫人から招待され、「男冥利に尽きます」と笑顔。今後について「芸能界に、という意見もある」としつつ、「まだボクシングに対して残っている思いが…」と苦悩しているようだ。来場者へのプレゼント抽選ではファッションデザイナー、桂由美さん(86)特製の100万円の黒留袖が当たり、ファイティングポーズ。会場を去る際、報道陣に「おおきに!!最高のが当たったよ」とアピールし、ゴキゲンだった。

  • 抽選会で桂由美デザインの黒留袖を当てた山根明氏(中央)は、デヴィ夫人(左)らと記念撮影
  • 抽選会で桂由美デザインの黒留袖を当てた山根明氏。ファイティングポーズをとりご機嫌で会場をあとにする
  • デヴィ夫人(右)と山根明氏=東京・下目黒
  • デヴィ夫人(右)と山根明氏=東京・下目黒
  • イベントに参加した山根明氏=東京・下目黒
  • イベントに出席したデヴィ夫人=東京・下目黒
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 山根明氏、芸能界入りの声も「ボクシングに対して残っている思いが…」