2018.10.13 12:23

酒気帯び疑いで自衛官逮捕 衝突の電柱倒れる

酒気帯び疑いで自衛官逮捕 衝突の電柱倒れる

 千葉県警館山署は13日までに、道交法違反(酒気帯び運転、事故不申告)の疑いで、同県館山市の海上自衛隊館山航空基地(同市)の第21航空群の3等海曹、白石勝彦容疑者(33)を逮捕した。

 逮捕容疑は12日午前3時55分ごろ、館山市北条の市道で、酒を飲んだ状態で乗用車を運転し、電柱に衝突したのに事故を申告せず逃げた疑い。署と第21航空群によると、衝突後に電柱が路上に倒れたが、けが人はいなかった。

 現場に乗り捨てられていた車のナンバーから白石容疑者が浮上。約4時間半後に同僚に付き添われて署に出頭し、呼気検査で基準値を超えるアルコールが検出された。「記憶にないが、状況から飲酒し当て逃げしたのは間違いないと思う」と話しているという。

 第21航空群司令の小俵和之海将補は「隊員が逮捕されたことは誠に遺憾。厳正かつ適切に対応する」としている。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 酒気帯び疑いで自衛官逮捕 衝突の電柱倒れる