2018.10.13 05:00

「熟練技能者」は永住の可能性も 入管難民法など改正案骨子

「熟練技能者」は永住の可能性も 入管難民法など改正案骨子

 政府は12日、外国人労働者の受け入れ拡大に向けた関係閣僚会議を開き、山下貴司法相が入管難民法などの改正案骨子を示した。単純労働分野も対象に、一定技能が必要な業務に就く「特定技能1号」と、熟練技能が必要な業務に就く「特定技能2号」の在留資格を新設する内容。2号は家族帯同を認め、条件を満たせば永住できる可能性もある。

 政府は来年4月の導入を目指す。深刻な人手不足から、高度な専門人材に限っていた受け入れ政策を転換するもので、国会審議が注目される。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 「熟練技能者」は永住の可能性も 入管難民法など改正案骨子