2018.10.12 21:38

三遊亭円楽、歌丸師匠に呼ばれたと思った「ふざけんな、このじじい!」

三遊亭円楽、歌丸師匠に呼ばれたと思った「ふざけんな、このじじい!」

独演会で仕事復帰した三遊亭円楽=横浜市中区

独演会で仕事復帰した三遊亭円楽=横浜市中区【拡大】

 先月28日に初期の肺がんを発表した落語家、三遊亭円楽(68)が12日、横浜にぎわい座で仕事復帰を果たした。

 満員の客席から割れんばかりの拍手に円楽は、「とりあえず戻って参りました」とあいさつ。「少しせき込んだり、息苦しくなってセリフがつっかえたり、いろんなことある日だと思います。今日の三遊亭円楽を見せる、それだけの話です」と覚悟を口にした。

 この日、自ら自家用車を運転して会場入りし、集まった報道陣に対応。5日に約3時間に及ぶ手術を受け、11日に退院したといい、「手術は大成功だという話でした」と笑顔で報告した。

 そして、毎年恒例の人間ドックで、十二指腸に良性の腺腫が見つかり、検査入院で、ステージIの肺がんが発見されたことも説明。「(7月に死去した桂)歌丸師匠に呼ばれたと思った。『ふざけんな、このじじい!』っていったよ。うちの師匠(五代目三遊亭円楽)も見えた」と笑わせ、「戻ってこられたってことは、歌丸師匠が呼んだではなくて、(がんを)見つけてくれたんじゃないかと思う。発見が来年だったら、向こうへ逝ってんだから。進行が早いから」と毒舌で感謝した。

 この日の高座では数回、お茶でのどをしめらせる場面もあったが、艶笑演目「短命」で笑わせ、人情噺「浜野矩随」では観客を前のめりにさせるなど計1時間20分を熱演。その姿に「最初はどうかな、と思ったけど話し出すと(大丈夫)ね」と安堵の声を漏らす女性もいた。

 終演後には「お客さんが病み上がりってしっているから優しい。ずっと病み上がりでいようかな」とちゃめっ気たっぷりに語り始め、「お客さまには分からない程度のブレスの違いはあるけどね。(今日は)心地よい眠りになるんじゃない。疲れたもん。肺のリハビリになるんじゃないかな。高座にあがれる限りあがる。ファンが待ってくれているからね」とほほ笑んだ。

 そして、「根治を目指して、長旅になると思うけど焦らずゆっくりやっていく」と話し、「大好きだった円楽、(立川)談志、歌丸…みんな向こうに行っちゃった。僕もそういう立場を目指して頑張る」と落語界への恩返しを口にした。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 三遊亭円楽、歌丸師匠に呼ばれたと思った「ふざけんな、このじじい!」