2018.10.12 05:02(1/2ページ)

三田佳子、祐也被告に母の思いポロリ「清濁併せ持って人生は作られていくんだなと」

三田佳子、祐也被告に母の思いポロリ「清濁併せ持って人生は作られていくんだなと」

よしもと祇園花月で舞台あいさつに登壇した三田佳子。「母の立場」で熱弁をふるった(京都市東山区)

よしもと祇園花月で舞台あいさつに登壇した三田佳子。「母の立場」で熱弁をふるった(京都市東山区)【拡大】

 今年で5回目を迎えた「京都国際映画祭」が11日開幕し、アンバサダーを務める女優、三田佳子(77)が京都市下京区の西本願寺で行われたオープニングセレモニーに参加した。次男で元俳優、高橋祐也被告(38)が覚せい剤取締法違反(使用)の罪で起訴され、9日に保釈されて以来初の公の場。息子について直接語ることはなかったが、「清濁併せ持って人生は作られていくんだなと、身をもってつくづく思います」と心境を吐露した。

 映画の都、京都で今年もド派手な祭典が幕を開けた。アンバサダーを務める三田が世界遺産・西本願寺で開会宣言だ。

 「清濁併せ持って人生は作られていくんだなと、身をもってつくづく思います。きょうは、ここ(壇上)に上がらせていただいて、清らかに落ち着いた気持ちにさせていただきました」

【続きを読む】

  • 舞台挨拶に登場した三田佳子と奥山和由プロデューサー
  • 「三船敏郎賞」を受賞した佐藤浩市
  • 舞台挨拶に登場した三田佳子と奥山和由プロデューサー
  • 舞台挨拶に登場した三田佳子、奥山和由プロデューサー。(左はMCの清水圭)
  • 京都国際映画祭のオープニングセレモニーであいさつする三田佳子
  • よしもと祇園花月で舞台あいさつに登壇した三田佳子。「母の立場」で熱弁をふるった(京都市東山区)
  • よしもと祇園花月で舞台あいさつに登壇した三田佳子。「母の立場」で熱弁をふるった(京都市東山区)
  • 京都国際映画祭のオープニングセレモニーで、宅間孝行監督(左)とレッドカーペットを歩く倉科カナ
  • レッドカーペットを歩いて会場入りする西川きよし、桂文枝(左から2人目)ら
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 三田佳子、祐也被告に母の思いポロリ「清濁併せ持って人生は作られていくんだなと」