2018.10.11 21:37

女児盗撮の小学教諭を懲戒免職「緊張感を味わっていた。自宅で視聴していた」

女児盗撮の小学教諭を懲戒免職「緊張感を味わっていた。自宅で視聴していた」

 福岡市教育委員会は11日、授業を受け持っていた女子児童を繰り返し盗撮したとして、同市中央区の小学校に勤める男性教諭(44)を懲戒免職処分にした。市教委の聞き取りに「撮影する緊張感を味わっていた。自宅で視聴していた」などと話しているという。

 市教委によると、9月27日と10月1日、いずれも授業中の教室で、小型デジタルカメラで女児のスカートの中を動画撮影した。「昨年の2学期ごろからやった」と話している。女児が立ち上がったり、自身がしゃがんだりした際に盗撮したという。

 1日の放課後、女児2人が「撮られたかもしれない」と養護教諭に相談し発覚。「体を触られているような気がした」という相談もあった。2日に校長が確認したところ、学校を早退してカメラやメモリーカードを自分で破棄したという。

 教諭は2017、18年度とも同じ小学校で5年生を担当。校長(51)も減給10分の1(1カ月)の懲戒処分となった。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 女児盗撮の小学教諭を懲戒免職「緊張感を味わっていた。自宅で視聴していた」