2018.10.11 21:12

銃剣持った陸自隊員が行方不明 射撃訓練の昼休み中「トイレへ行く」 北海道恵庭市

銃剣持った陸自隊員が行方不明 射撃訓練の昼休み中「トイレへ行く」 北海道恵庭市

 陸上自衛隊第7師団(北海道千歳市)は11日、北海道大演習場島松地区(恵庭市)で、射撃訓練中だった男性隊員(22)が、小銃や刃渡り約30センチの銃剣を持ったまま行方不明になったと発表した。実弾や弾倉は所持していない。

 師団によると、隊員は第71戦車連隊所属の陸士長。同日朝から競技会に向けた射撃訓練に参加していたが、昼休み中に「トイレへ行く」と告げた後、行方が分からなくなった。

 身長約170センチ、体重約60キロで短髪。迷彩服にヘルメットを着用し、ほかに防護マスクを携行していた。

 隊員約1500人が捜索にあたっており、師団は「地域の皆さまに不安とご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げる」としている。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 銃剣持った陸自隊員が行方不明 射撃訓練の昼休み中「トイレへ行く」 北海道恵庭市