2018.10.7 05:02(1/4ページ)

築地最後の競り…「日本の台所」83年の歴史に幕、新天地豊洲へ

築地最後の競り…「日本の台所」83年の歴史に幕、新天地豊洲へ

営業最終日となった築地市場の生鮮マグロ卸売り場で水産物部業界あいさつ後に手締めをする仲卸業者の関係者ら=6日午前、東京都中央区の築地市場 (撮影・納冨康)

営業最終日となった築地市場の生鮮マグロ卸売り場で水産物部業界あいさつ後に手締めをする仲卸業者の関係者ら=6日午前、東京都中央区の築地市場 (撮影・納冨康)【拡大】

 「日本の台所」として親しまれてきた築地市場(東京都中央区)が6日、最終営業日を迎え、早朝から水産物や青果の最後の競りが行われた。市場内外が多くの観光客でにぎわう中、市場は正午で全ての取引を終了。1935(昭和10)年の開業以来、数多くの魚や野菜を取引してきた83年の歴史に幕を閉じた。午後からは引っ越し作業も開始。約900業者が2・3キロ離れ、11日に開場する豊洲市場(江東区)に移る。

 「とうとうこの日が来てしまいました。80年以上、私たちをはぐくんでくれた築地市場と、世界中のマグロを受け入れ続けてくれたこの競り場に、心から感謝したい」

 午前5時すぎ、生鮮マグロの競りの前に行われた閉場セレモニー。「東京魚市場卸協同組合」の早山(はやま)豊理事長のあいさつに、業者らが頭を垂れた。全員の思いを込めた最後の手締めは「魚河岸恒例の一本締め」。3回の手拍子を3度打って「九」とし、もう1拍加えて全てを「丸」く収める-という一本締めの音が、競り場に響き渡った。

【続きを読む】

  • 営業最終日を迎え、築地市場正門前で記念撮影を撮る人々=6日午前、東京都中央区の築地市場(撮影・納冨康)
  • 最終営業日を迎え、大勢の人でにぎわう東京・築地市場内の飲食店=6日午前
  • 営業最終日となった築地市場の生鮮マグロ卸売場で目利きを行う仲卸業者の関係者ら=6日午前、東京都中央区の築地市場(撮影・納冨康)
  • 営業最終日を迎えた築地市場の青果売り場で最後のせりが行われた=6日午前、東京都中央区の築地市場(撮影・納冨康)
  • 東京・築地市場の最終営業日を迎え、生マグロの競り場で一本締めをする仲卸業者ら=6日午前5時16分
  • 最終営業日となった東京・築地市場で、競り場に並ぶ生マグロを確認する仲卸業者ら=6日午前5時1分
  • 「終了」の案内が出された後も多くの人が集まった東京・築地市場内の「吉野家」1号店=6日午後
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 築地最後の競り…「日本の台所」83年の歴史に幕、新天地豊洲へ