2018.10.5 05:01

内野聖陽、4K放送に苦笑「20代から演じるのに笑いジワが映り込む」

内野聖陽、4K放送に苦笑「20代から演じるのに笑いジワが映り込む」

記者会見を行った左から檀れい、内野聖陽、西田敏行=東京・東品川

記者会見を行った左から檀れい、内野聖陽、西田敏行=東京・東品川【拡大】

 俳優、内野聖陽(50)が4日、東京都内で行われたテレビ東京系主演スペシャルドラマ「琥珀の夢」(5日、後9・0)の記者会見に共演の檀れい(47)、西田敏行(70)と出席。日本初の国産ウイスキー造りに命をささげた男の人生を描く作品。12月1日にBSテレ東で4K放送されることに触れ、「20代から演じるのに笑いジワが映り込む。物作りの現場で4Kは必要なのかなと思いますね」と苦笑。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 内野聖陽、4K放送に苦笑「20代から演じるのに笑いジワが映り込む」