2018.10.2 15:04

東国原、元貴乃花親方は「自民党から絶対、声がかかる」

東国原、元貴乃花親方は「自民党から絶対、声がかかる」

特集:
元貴乃花親方
東国原英夫

東国原英夫【拡大】

 タレント、東国原英夫(61)が2日、TBS系「ゴゴスマ」(月~金曜後1・55)の取材に応じ、1日付で日本相撲協会を退職した大相撲の元貴乃花親方(46)=元横綱=に政治化転身を勧めた。

 東国原は「一番最初に政治家を目指すべき」とした上で、「このタイミングでよかった。来年、参院選なので」と指摘。「政治の世界にはスポーツ枠というのがあり、谷亮子さんがやめて参議院は1枠空いている。自民党から絶対、声がかかると思う」と推測した。その一方で「ただ自民党としても『組織でやっていけるかな』という一抹の不安はあると思う」と問題点も挙げた。

 兄の3代目若乃花と史上初の兄弟横綱となった元貴乃花親方は、空前の大相撲ブームを巻き起こした。幕内優勝は史上6位の22度で、多大な功績により一代年寄「貴乃花」が認められた。2010年から相撲協会理事を務めていたが、今年に入って弟子の暴行問題などにより年寄に降格した。