2018.9.30 11:00(1/2ページ)

【大河のころ 西田敏行(5)】最年長主演やれるなら?清水の次郎長か田中角栄さん

【大河のころ 西田敏行(5)】

最年長主演やれるなら?清水の次郎長か田中角栄さん

特集:
大河のころ
収録を終え、感慨深そうに手を握る秀忠役の西田と秀忠の正室、お江役の岩下志麻=2000年撮影

収録を終え、感慨深そうに手を握る秀忠役の西田と秀忠の正室、お江役の岩下志麻=2000年撮影【拡大】

 大河ドラマ出演は何よりの親孝行でした。お袋はオンエア中に電話しても、出ませんでしたからね。

 うちの家族、娘たちは感想を言わなかったな。こっちが「面白かった?」と聞けば「面白かった」と答えてくれる程度。向こうから「すごい良かったよ」とは言わない。照れがあるのかな。普段はボヤっとしているおやじが、テレビで歯切れ良い言葉でしゃべっているって矛盾を感じていたのかもしれない。あのくらいはっきりした感情を家で出さんかい!っていうのはあったかもね。

 撮影は月曜にリハーサル、火水木金と本番。NHKの局員並みに通っていました。土日は平日にできない仕事が集中していたので、娘たちから「遊んでほしい」という言葉は聞かなかったな。授業参観にもいけなかったし、いろんな思いはありますね。

 初めての大河だった1977年の「花神」の山県狂介をはじめ、西郷隆盛、徳川吉宗…どの役も楽しかったけれど一度、やってみたいなと思っていたのが徳川家康。秀吉と家康の両方を演じた人はいないだろうと思ってね。2006年の「功名が辻」で家康を演じたときは、特殊メークで耳を大きくしてもらったりしました。

 秀忠を演じた「葵 徳川三代」で家康役だった津川雅彦さん(享年78)とは違った家康を表現してみたくて。「葵 徳川三代」は津川さん、家光の尾上松緑くん(43)とのトリプル主演だったけど、当時の津川さんが60歳で大河史上最高齢主演だったそうです。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【大河のころ 西田敏行(5)】最年長主演やれるなら?清水の次郎長か田中角栄さん