2018.9.29 05:05(1/2ページ)

吉澤ひとみ被告が電撃引退、今後は「母として恥ずかしくないよう…」

吉澤ひとみ被告が電撃引退、今後は「母として恥ずかしくないよう…」

特集:
TOKIO
悪質なひき逃げ事故を起こし、自ら芸能界引退を決めた吉澤被告。27日の保釈時が、タレントとしての最後の姿となった

悪質なひき逃げ事故を起こし、自ら芸能界引退を決めた吉澤被告。27日の保釈時が、タレントとしての最後の姿となった【拡大】

 酒気帯び運転してひき逃げし、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で起訴された元モーニング娘。のタレント、吉澤ひとみ被告(33)が保釈から一夜明けた28日、所属事務所を通じて芸能界引退を電撃発表した。勾留期間中に自身の弱さと未熟さを自覚し、自ら18年間の芸能生活に終止符を打つことを決断。今後は「罪を償い、一社会人として母として恥ずかしくない行動ができるよう、一歩一歩進んで参ります」と決意をつづった。

 飲酒、信号無視、ひき逃げ-。前代未聞の事故を起こし、裁判を控える吉澤被告が自ら引退という“判決”を下した。

 「今回の私の行動は、決して許されることではありません」

 保釈から一夜明けたこの日午後7時半ごろ、所属事務所を通じて直筆署名入りの書面を報道各社に送付。自らの心情を告白した。

 6日の逮捕から保釈までの21日間、勾留施設で人生を振り返ったといい、「自分自身と向き合う中で、自分の弱さと未熟さを自覚しました」と猛省。2人の被害者に謝罪し、回復を願った。

 今後についても触れ、「自分が犯した罪を償い、一社会人として母として恥ずかしくない行動ができるよう、一歩一歩進んで参ります」と更生を約束。その上で「今まで18年間お世話になった芸能界からは引退致します」と表明した。

 所属事務所によると、この日、病院で静養している吉澤被告から引退の申し入れがあり、本人の希望を受け入れ28日付で専属マネジメント契約を解除。事務所は「今回の事件の社会的影響の大きさを強く認識しており、本人と面談し、その意向を確認したうえでこの結論に至りました」と文書でコメントした。

【続きを読む】

  • 2000年、モーニング娘。加入前列左から矢口真里、中澤裕子、市井紗耶香、後藤真希、保田圭、後列左から飯田圭織、吉澤ひとみ、辻希美、加護亜衣、石川梨華、安倍なつみ
  • 2003年、フットサルで大活躍石川梨花(左)と吉澤ひとみ
  • 2005年、石川卒業公演ファンに手を振る吉澤ひとみ(左)と石川梨華
  • 2007年、卒業公演
  • 2010年、サンケイスポーツでW杯連載
  • 2018年、ハロプロ20周年ツアー(前列左から)和田彩花、吉澤ひとみ、保田圭、市井紗耶香、矢口真里、譜久村聖
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 吉澤ひとみ被告が電撃引退、今後は「母として恥ずかしくないよう…」