2018.9.24 05:04(1/2ページ)

ユーミン×象!甦った伝説ライブ、45周年ベスト盤引っ提げ全国ツアースタート

ユーミン×象!甦った伝説ライブ、45周年ベスト盤引っ提げ全国ツアースタート

ファンの度肝を抜く精巧な象ロボットに乗って熱唱する松任谷 =盛岡市

ファンの度肝を抜く精巧な象ロボットに乗って熱唱する松任谷 =盛岡市【拡大】

 シンガー・ソングライター、松任谷由実(64)が23日、全国ツアーの一環として岩手・盛岡タカヤアリーナ公演を開催した。同ツアーは前日22日に同所で初日を迎え、この日は2daysの最終日。今回は過去に行われたツアーの名場面を集めた舞台演出が特徴で、ユーミンは高さ2・4メートルの“象ロボット”に乗って登場した。

 収穫期を迎えた稲穂で水田が黄金色に染まるなど“実りの秋”を迎えた盛岡で、デビュー46年目のユーミンが集大成とも言えるパフォーマンスで魅了した。

 今回のツアータイトルは「タイムマシンツアー」。松任谷が観客4900人に「昔からのファンの方はどこかで見たことがあると思うかも…」とあいさつすると、1979年の東京・中野サンプラザ公演に“タイムスリップ”した。

 当時、本物の子象に乗って登場したシーンがファンの間では伝説の名場面と語り継がれており、39年ぶりに再現。2曲目の「Happy Birthday to You ~ヴィーナスの誕生」で高さ2・4メートル、全長3・9メートルの象ロボットに乗り熱唱。時代の進化を象徴するように、象ロボは歌声に合わせて耳や鼻、尻尾などが精巧に動き、間奏では「パオ~ン」とシャウト。独特の“ユーミンワールド”に大歓声が上がった。

【続きを読む】

  • 39年前の東京・中野サンプラザ公演では本物の子象にまたがって登場
  • 盛岡公演で1994~95年のツアーをイメージした衣装で歌う松任谷由実
  • 盛岡公演で1995~96年のツアーをイメージした衣装で歌う松任谷由実
  • 盛岡公演で1994~95年のツアーをイメージした衣装で歌う松任谷由実
  • 盛岡公演で1994~95年のツアーをイメージした衣装で歌う松任谷由実
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. ユーミン×象!甦った伝説ライブ、45周年ベスト盤引っ提げ全国ツアースタート