2018.9.23 10:48

YOSHIKIと競演した牧阿佐美バレエ団の「白鳥の湖」が、この秋のイチ押しです/芸能ショナイ業務話

YOSHIKIと競演した牧阿佐美バレエ団の「白鳥の湖」が、この秋のイチ押しです/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話
牧阿佐美バレエ団・白鳥の湖に出演する主役の4人。左から菊地研、青山季可、阿部裕恵、清瀧千晴

牧阿佐美バレエ団・白鳥の湖に出演する主役の4人。左から菊地研、青山季可、阿部裕恵、清瀧千晴【拡大】

 芸術の秋、到来-。今、話題の牧阿佐美バレエ団が、29~30日の2日間、東京・文京区の文京シビックホールで、不朽の名作「白鳥の湖」をダブルキャストで上演する。29日は青山季可(36)と菊地研(33)のベテラン組が主演、30日は、ともに同演目初主演の阿部裕恵(23)と清瀧千晴(31)が、それぞれオデット&オディール(1人二役)、ジークフリード王子役で出演。開演は両日とも午後3時。優雅なひとときが待つ。

 日本を代表する同バレエ団は、X JAPANのリーダー、YOSHIKIが7月に4日間行ったプレミアムディナーショーにも出演した。YOSHIKIは自作曲のほか、大好きだというチャイコフスキーの「白鳥の湖」の第二幕をピアノ演奏。青山と清瀧が三羽の白鳥とともに舞い、世界的アーティストとの競演で珠玉の世界観を表現。大反響を呼んだ。

 実は、記者が子供のころ初めて見たバレエも1973(昭和48)年の7月に来日したボリショイ・バレエ団の「白鳥の湖」だった。NHKホールの落成記念公演で、母の手作りのおそろいのワンピースを着て、家族で出掛けた思い出がある。

 話題性&思い入れのある作品の上演とあり、先日、東京・中野の同バレエ団スタジオで、主演の4人を取材した。

 「はじめまして」。応接室の白いソファに、しなやかに腰掛けた青山と阿部。その姿は羽をやすめる白鳥のように美しく、早くも魅了された。

 青山は「牧阿佐美バレエ団で主役デビューしたのが(2006年の)白鳥の湖。思い出の作品です。まずは王子との出会いのシーンが重要。何度も演じ、ある程度イメージができている分、演じるたびにどうしても思いが強くなっていくので、主張が強くなりすぎないようにしたいですね。たくさんのお客さまにごらんいただきたいです」と表情豊かに語った。

 「誰もが知るメジャーな作品だからこそ、演じる難しさがあります」と表情を引き締めるのは菊地。「日々、どう演じるか気持ちが動きますが、最も大切なのは率直に表現することだと思います。この作品は、男性(王子)の成長を軸に進むバレエの中でも数少ない物語。演じながら仕上げていく楽しさを感じながら、当日を迎えたいです」。取材の最中もメンバーに気を配り、積極的に補足説明。バレエの魅力を懸命に伝えようとする熱意が舞台上にも通ずるのだろうと実感した。

 同作初主演の阿部は「子供のころ、初めて牧阿佐美バレエ団の白鳥の湖を見て感激し、いつか踊れたらと思っていました。今回、主役の機会をいただけて本当にうれしいです」と目を輝かせた。そして「(青山)先輩はスタイルも見るからにして“白鳥”ですが、私はまだどうしても“人間らしく”見えてしまいます。身長が1メートル60しかないので、どうしたらスラリと白鳥に見えるのか改めて考えさせられるきっかけになりました」と新鮮な気持ちで挑む。

 清瀧は「バレエを始めた3歳から、白鳥の湖、眠れる森の美女、くるみ割り人形の映像をずっと見て育ちました。憧れの白鳥の王子役を演じられる日がくるとは、感激のひとことです」と喜びの声。そして「王子とは、環境が自らの意志ではないので、踊っていて気持ちが入ったときに王子の振る舞いから“逸脱”しないよう、雰囲気や所作に気をつけるようにしています」と王子の定義について、こう語った。

 両親が音楽家でチェロとピアノも奏でる清瀧は、オーケストラの「白鳥の湖」の楽譜を所持し「ピアノで演奏したこともあります」。踊りとその音楽的センスをもって、自分らしい王子像を創造する。

 ダイナミックで美しい牧阿佐美バレエ団の作品。東京オーケストラMIRAIによる生演奏も魅力で、私も年に数回見に行っている。ダンサーの話も聞き、チケットも購入した。準備万端。あとは幕の向こう側に思いをはせながら、その瞬間を待つことにしよう。(山下千穂)

 ★牧阿佐美バレエ団「白鳥の湖(全幕)」公演詳細 9月29日(土)、9月30日(日)午後3時開演(開場は午後2時15分)。上演時間は約2時間50分(休憩2回含む)。会場は東京・文京シビックホール大ホール。チケット料金(税込・全席指定)はS席11000円、A席8000円、B席5000円、C席3000円、S席ペア20000円、A席ペア15000円、B席ペア9500円(ペア席は2階席のみ対象)。学生割引はA席5000円、B席3000円、C席2000円。学生割引の取り扱いはシビックチケット03(5803)1111のみ。問い合わせは牧阿佐美バレエ団03(3360)8251。チケットぴあ、イープラスでも好評発売中。

  • 白鳥の湖
  • 白鳥の湖
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. YOSHIKIと競演した牧阿佐美バレエ団の「白鳥の湖」が、この秋のイチ押しです/芸能ショナイ業務話