2018.9.21 12:20

【北海道観光振興機構】ツーリズムEXPOジャパン2018に「北海道ブース」を出展

【北海道観光振興機構】ツーリズムEXPOジャパン2018に「北海道ブース」を出展

 2018年9月21日(金)

 公益社団法人北海道観光振興機構

 ツーリズムEXPOジャパン2018が東京ビックサイトで開幕。
注目の北海道ブースには、全天周型ドームシアター「北のそら」が登場。

 世界130カ国以上の国と地域、日本全国の観光地が集結し、19万人を超える来場者数を誇る世界最大級の旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン2018」(以下TEJ)が、9月20日(木)から4日間の会期で東京ビックサイトにてスタートしました。初日の20日はビジネスデイとして多くの観光関連事業社や自治体で賑わいました。ビジネスデイは21日迄、いよいよ22日(土)・23日(日)は一般公開デイが始まります。
毎年注目を集めている北海道ブースは、TEJでは初登場となる全天周型ドームシアター「北のそら」を設置。「GoodDay北海道」をコンセプトに、人気の美瑛の丘や阿寒湖、積丹などの雄大な自然や牧場の風景、スキーやラフティング、マウンテンバイクなどのアクティビティ、魅力的な食やアイヌ舞踊など、迫力の360度の全天周映像で映し出されます。北海道ブースではその他、カヌーに実際に乗りながら体験できる釧路湿原のカヌー体験VRや、テレビ神奈川の人気番組「キンシオ」とタイアップしたライブステージなど多彩なコンテンツで来場者を楽しませています。