2018.9.21 17:20

アラン・ドロンの独占インタビュー NHK BSプレミアムで放送

アラン・ドロンの独占インタビュー NHK BSプレミアムで放送

NHKのインタビューに答えるアラン・ドロン

NHKのインタビューに答えるアラン・ドロン【拡大】

 日本にもファンの多い仏俳優、アラン・ドロン(82)に対する独占インタビューが22日午後10時半から、NHK BSプレミアムで放送される。タイトルは「アラン・ドロン ラストメッセージ~映画 人生 そして孤独~」。昨年5月に現役引退を発表して以来、同局が取材オファーし今年1月、ドロンの住むパリ郊外で実現した。

 関係者によると、ドロンは女優、ナタリー・ドロン(77)と結婚し男児をもうけたが離婚。結婚歴はこの1回だけだが、その後は複数のパートナーとの間にも子供をもうけ、すべて認知している。現在は家族はおらず、大型犬1匹と暮らしており、新作映画に今後1本出演して正式に引退する予定という。

 インタビューの中でドロンは華麗な女性遍歴を振り返り、「僕はハンサムだったから、女性が寄ってきて大変だった」とイケメンゆえの思いを何のてらいもなく回想。数々の映画に出演したことについては「僕を愛してくれる女性の瞳に、美しく映っていたかったから」と語り、愛する女性のために俳優を続けてきたことを明かした。

 番組では4歳のときに両親が離婚し里子に出され、インドシナ戦争に志願兵として参戦したことなど幼少期からの孤独も吐露。西部劇映画「レッド・サン」で共演し心を許した友人の俳優、故三船敏郎さんへの思いも語っているという。

 なお、25日からBSプレミアムでドロン主演の映画「太陽がいっぱい」など、代表作5作品が連日1本ずつ29日まで放送される。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. アラン・ドロンの独占インタビュー NHK BSプレミアムで放送