2018.9.20 05:02(1/2ページ)

近所の21歳が警官刺殺 未明の“交番”テロ「穏やか」「優しい」はずの大学生

近所の21歳が警官刺殺 未明の“交番”テロ「穏やか」「優しい」はずの大学生

ビニールシートで覆われた、警官が刺殺された東仙台交番=19日午前、仙台市宮城野区(撮影・納冨康)

ビニールシートで覆われた、警官が刺殺された東仙台交番=19日午前、仙台市宮城野区(撮影・納冨康)【拡大】

 19日午前4時すぎ、仙台市宮城野区東仙台の宮城県警仙台東署東仙台交番で、勤務していた清野裕彰巡査長(33)が訪ねてきた男に刃物で刺され、搬送先の病院で死亡が確認された。交番にいた男性巡査部長(47)が拳銃を3発発砲し、男も死亡した。男は同市宮城野区の東北学院大3年、相沢悠太容疑者(21)。同県警は容疑者死亡のまま殺人容疑で書類送検する。

 「現金を拾った」。19日午前4時ごろ、東仙台交番にマスク姿で現れた相沢容疑者は、1000円札を1枚持っていた。交番には清野巡査長と巡査部長がおり、さらに奥の仮眠室で男性警察官2人が仮眠中だった。

 拾得物は通常1人で対応するため、清野巡査長が入り口近くの部屋で応じた。だが数分後、怒鳴りあう声が聞こえ、別室から巡査部長が戻った。

 「執務をするカウンターの内側に清野巡査長が血まみれで倒れ、相沢容疑者もカウンターの内側に倒れていた」(捜査幹部)。清野巡査長は胸や腹など数カ所を刺されていた。勤務中の着用が指示されている耐刃防護服は着用していなかった。

 一方の相沢容疑者は起き上がった。右手に刃渡り約20センチの包丁、左手にモデルガンのようなものを持ち巡査部長に向かってきた。「刃物を捨てろ!」。巡査部長は警告して拳銃を3発発砲。少なくとも1発が命中した。

 相沢容疑者のウエストポーチには、はさみ、カッターナイフ、ドライバーが入っていた。県警は計画的犯行とみて、動機などの解明を進める。

【続きを読む】

  • 巡査長の男性が刃物で刺され、搬送先で死亡する事件が発生した東仙台交番前に集まる警察官=19日午前7時30分、仙台市宮城野区
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 近所の21歳が警官刺殺 未明の“交番”テロ「穏やか」「優しい」はずの大学生