2018.9.16 10:00(1/2ページ)

【安室奈美恵 26年の軌跡(3)】電撃発表から1年…「一つの通過点」

【安室奈美恵 26年の軌跡(3)】

電撃発表から1年…「一つの通過点」

特集:
安室奈美恵
今年6月2日のラストツアー最終日は笑顔で締めた安室。ラストステージではどんなメッセージを残したのか

今年6月2日のラストツアー最終日は笑顔で締めた安室。ラストステージではどんなメッセージを残したのか【拡大】

 「2018年9月16日をもって引退することを決意致しました」。40歳の誕生日を迎えた昨年9月20日、安室は1年後の引退を電撃発表した。3日前に故郷、沖縄でデビュー25周年公演を大成功させたばかりだけに、列島に衝撃が走った。絶頂期での引退は、何年も前から温められていた彼女の美学だった。

 昨年11月に放送されたNHK特番。20代後半から引退を意識し、デビュー20周年の12年に5大ドームツアーを達成したことで「全てをやり尽くした」と、節目の25周年に引退時期を定めたことを告白。「引退はネガティブなイメージがあったりするけれど、一つの通過点」とも話した。

 決断に至った理由については具体的に明言していない。ただ、年齢を重ねていく中で2時間ぶっ通しで歌い踊るアスリートライブのクオリティーを保ち続けるのは不可能に近い。安室自身も「一生続ける仕事じゃない。始まりがあると終わりがあると思っていた」と説明している。

 今年5月に長男が20歳になり、子育てが一段落したのも大きい。02年の離婚後もアーティストとしての時間以外は長男に愛情を注いできた。「親が芸能人だからって子供の学校や生活をおろそかにするのはいけない」。仕事を精力的にこなす一方で、長男の学校行事にはできる限り参加。弁当も毎日手作りしてきた。

【続きを読む】

  • 安室のツアー動員数ベスト5
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【安室奈美恵 26年の軌跡(3)】電撃発表から1年…「一つの通過点」