2018.9.15 23:19

TBS「Nキャス」で放送事故?! 中継画面に個人的なSNSメッセージが表示

TBS「Nキャス」で放送事故?! 中継画面に個人的なSNSメッセージが表示

特集:
ビートたけし
TBSの安住紳一郎アナウンサー

TBSの安住紳一郎アナウンサー【拡大】

 15日放送のTBS系「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜後10・0)で、この日沖縄で行われた歌手、安室奈美恵(40)のラストコンサート後の現地の様子を中継で伝える際、番組ディレクターの個人的なメッセージが画面に表示されるハプニングが起きた。

 中継には番組ディレクターの「LINE」が使用されたようで、リポート中にディレクターのプライベートな通知メッセージが頻繁に画面に写し出された。この光景に、同局の安住紳一郎アナウンサー(45)が「LINEの電話を使っての中継なので、個人的なLINEの受信メッセージが一瞬画面に出ました」「また出ました」と慌てた様子。タレントのビートたけし(71)は「なにやってんだ」と大笑いでツッコミを入れた。

 安住アナが「まずい状況であればすぐ終わりますけども。続けても大丈夫ですか?」と呼びかけると、ディレクターは「大丈夫です」と返答。中継は続けられたものの、その直後に「バッテリー残量が少なくなっています」とメッセージが表示され、ここで中継画面は打ち切られた。

 安住アナは「スマートフォンにあやしいLINE通知が出るんじゃないかという判断でそちらの映像には切り替えないことになりました」と説明。「ちなみにバッテリーの残量が20%です」と告げると、スタジオは大爆笑に包まれた。

 安住アナは「安室さんの情報を楽しみに待っていた方には余計な情報ばかりになってしまい申し訳なかったんですけど」と陳謝し、「ああいう機材を民生機で利用しているとああいうことになるんだなと。ゆっくりと再生してみないと、どんな放送に不適切なものが出てたかはわからないんですけども」とコメントすると、たけしは「スマートフォンの文字があれでよかったよね。もっとあやしいのがでちゃったら大変だよ」とハプニングを喜んでいる様子だった。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. TBS「Nキャス」で放送事故?! 中継画面に個人的なSNSメッセージが表示