2018.9.14 05:05(1/2ページ)

ジャニー社長、タッキー決断に「嬉しくて涙」 タレント養成所設立プランも

ジャニー社長、タッキー決断に「嬉しくて涙」 タレント養成所設立プランも

特集:
TOKIO

 人気デュオ、タッキー&翼の解散と年内引退を発表した滝沢秀明(36)について、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(86)が13日、事務所の公式サイトにコメントを掲載した。滝沢が来年からプロデューサー業に専念し、自身の“後継者”となることに「驚きと共に嬉しくて涙がこぼれそうでした」と感激。今後は新たなスターを発掘するべくタレント養成所を設立する考えも明かした。

 大きな決断をしてくれたまな弟子に、改めて心からの感謝をつづった。

 この日、ジャニー社長は、7月に新設されたジャニーズ事務所のコーポレートサイトにメッセージを掲載。自分の意思を継ぎ、ジャニーズJr.の育成や舞台の演出などプロデュース業に来年から専念する道を選んだ滝沢について「私は驚きと共に嬉しくて涙がこぼれそうでした。滝沢には心より感謝しています」と感激の思いを表した。

 タッキー&翼を10日に解散することや、滝沢の年内引退、今井翼(36)のジャニーズ事務所退社は前日12日深夜2時に電撃発表。その際もジャニー氏は「大人として決断したことを尊重したい」とコメントしていたが、改めて言及したのには理由がある。

 ジャニー氏は、滝沢をジャニーズJr.時代にJr.のリーダーに指名し、デビュー後は自身が手掛けた舞台「滝沢歌舞伎」の座長に抜てきするなど、大きな期待をかけてきた。そんなまな弟子が36歳の若さで引退し、自分の後継者になる道を決断。2日連続のコメントは、滝沢の覚悟への謝辞だ。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. ジャニー社長、タッキー決断に「嬉しくて涙」 タレント養成所設立プランも