2018.9.14 13:05(1/2ページ)

もともと日本車はミラーフェチだった!? 「初」登場のミラーあれこれ

もともと日本車はミラーフェチだった!? 「初」登場のミラーあれこれ

もともと日本車はミラーフェチだった!? 「初」登場のミラーあれこれ

もともと日本車はミラーフェチだった!? 「初」登場のミラーあれこれ【拡大】

 レクサスの新型ESが、量産車として初めてデジタルアウターミラーを搭載することになりました。はたしてどんな使い勝手なのか試乗が楽しみですが、ちょっと待った!

 もともと日本車がバックミラーに対して並々ならぬ執着を持っていたのをご存知でしょうか?

 ●日本の厳しい駐車場事情を考えました!(日産ローレル)

 日本でドアミラーが認可されたのは1983年のこと。それまではボンネットの前のほうにニョッキリ生えるフェンダーミラーしか認められませんでした(キャブオーバーのトラックなどは除く)。

 その後、かっこいいドアミラーが普及するにつれて出てきたのが「出っ張ってて邪魔」という声。中でも駐車スペースが車幅ギリギリというクルマオーナーには死活問題でした。

 そこで誕生したのが電動格納式ドアミラー! 1984年、C32型日産ローレルが世界で初めて採用した画期的な装備です。いまでは輸入車にも当たり前の装備ですが、発端は日本の厳しい駐車場事情だったんですなあ。

 ●フェンダーかドアか迷ったので両方付けました!(日産スカイライン)

 ドアミラーが認可された当時は、ドアミラー派とフェンダーミラー派に分かれて、どっちが見やすいか熱い熱い議論が戦わされたのですが、それならば、と登場したのが、R31型日産スカイラインのアンシンメトリーミラー(1985年)。なんと運転席側はドアミラー、助手席側はフェンダーミラーという非対称スタイル! 視線移動を最小限にという理屈でしたが1年でカタログから消えました。日産のチャレンジングな姿勢に乾杯です。

 この画像ではドアミラーですが、手前側だけフェンダーミラーだったんです!

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. もともと日本車はミラーフェチだった!? 「初」登場のミラーあれこれ