2018.9.13 02:00(1/3ページ)

滝沢秀明が引退、ジャニー氏と裏方に専念 療養中の今井翼は退社

滝沢秀明が引退、ジャニー氏と裏方に専念 療養中の今井翼は退社

滝沢秀明と今井翼の直筆の署名

滝沢秀明と今井翼の直筆の署名【拡大】

 2002年にデビューし、昨年9月から活動休止中の人気デュオ、タッキー&翼が今月10日に解散していたことが12日、分かった。滝沢秀明(36)は年内で芸能活動を引退し、来年からジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(86)の後継者として後進の育成や、作品のプロデュースに専念する。一方、今井翼(36)は近く事務所を退社。当面は患っているメニエール病の治療に専念する。ジャニーズ事務所が明らかにした。

 2人は連名で「共に30代半ばを過ぎ、一人の男としてこれからの人生をそれぞれに見つめての決断とご理解いただけたら幸いです」とのコメントを出した。ジャニー氏は「彼らが考え抜き、大人として決断したことを尊重したい」としている。

 「タッキー&翼」は2002年にデビュー。「Venus」などのヒット曲を出しながら、それぞれソロでも活動していた。滝沢はNHK大河ドラマ「義経」に主演したほか、舞台「滝沢歌舞伎」などで活躍し、翼は日本人初のスペイン文化特使を務めた。

 以下は全文。

 「タッキー&翼」アーティスト活動に関するお知らせ

 平素より大変お世話になっております。

 本日は私達、滝沢秀明と今井翼から、今までタッキー&翼を支えてくださった多くの皆様へ大切なご報告をさせて頂きたいと思います。

 タッキー&翼の活動休止から約1年が経過致しました。それぞれの時間を過ごす中、これからの2人、そして滝沢秀明、今井翼各々の人生について、深く考える時間を持つことができました。

 それはこれまでタッキー&翼、そして滝沢秀明、今井翼を支えてくださった皆様のご期待に応える活動を今後も継続していくことが出来るのか、自分達はこれからの人生をどう歩んでいくべきなのか自問自答し、事務所とも話し合いを重ね、最終的には2人で話し合い、この度、CDデビューから16年を迎えた9月10日をもってタッキー&翼は解散という道を選ぶことに致しました。

 タッキー&翼をこれまで愛してくださったファンの皆様、常に叱咤激励を続けてくださった多くの関係者の皆様のお気持ちにお応えすることが出来ないままで、大変申し訳ない気持ちで一杯ですが、共に30代半ばを過ぎ、一人の男としてこれからの人生をそれぞれに見つめての決断とご理解頂けたら幸いです。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 滝沢秀明が引退、ジャニー氏と裏方に専念 療養中の今井翼は退社