2018.9.13 09:43(1/3ページ)

第16回全日本学生フォーミュラ大会 ドラマは勝者だけではない各チームの戦いを振り返る

第16回全日本学生フォーミュラ大会 ドラマは勝者だけではない各チームの戦いを振り返る

  • 第16回全日本学生フォーミュラ大会ドラマは勝者だけではない各チームの戦いを振り返る
  • 第16回全日本学生フォーミュラ大会ドラマは勝者だけではない各チームの戦いを振り返る
  • 第16回全日本学生フォーミュラ大会ドラマは勝者だけではない各チームの戦いを振り返る
  • 第16回全日本学生フォーミュラ大会ドラマは勝者だけではない各チームの戦いを振り返る
  • 第16回全日本学生フォーミュラ大会ドラマは勝者だけではない各チームの戦いを振り返る
  • 第16回全日本学生フォーミュラ大会ドラマは勝者だけではない各チームの戦いを振り返る

 2018年9月4日(火)から8日(土)まで、静岡県小笠山総合運動公園では今回で16回目を数える全日本学生フォーミュラ大会が開催され、8年ぶりに大阪大学が総合優勝を獲得した。

 もちろん勝者にスポットが当てられるわけだが、このイベントはどの学校のチームを採りあげてみてもそれぞれにドラマがある。まさにそれこそが学生フォーミュラである。

 今回は、2016-2017の大会の覇者、京都工芸繊維大学の3連覇がかかった大会。日本大会での3連覇といえば、2006-2008年の上智大学の記録に並ぶこととなるのだが、残念ながらその記録に並ぶことはできなかった。

 また、もう一つの注目としてはガソリンエンジンで総合優勝の経験のある名古屋大学が昨年EVへクラス変更して臨み、EV過去最高位となる総合4位に入っており、EVの総合優勝があるのでは? とも囁かれたものの、一歩及ばず3位に終わっていた。

 名古屋大学EVチームを追いかける立場にあるのが、2014年から参戦を続けている東北大学だ。このチーム、静的審査はしっかりと得点を得たものの、車両のほうは今回バッテリーコンテナが完成しておらず、まさかの車検不通過となってしまった。

 「メンバーが5人しかおらず、あと1週間欲しかった」という敗戦の弁。搭載するバッテリーは、すでに公道実験も行っている学内で開発中のマンガン系リチウムイオンバッテリーを搭載する予定だった、ということでその性能も見せることなく終了してしまった(51.86点/総合81位)。

 EVといえば、気になっていたチームが、トヨタ東京自動車大学校EVチームだ。彼らは昨年この学生フォーミュラ初参戦であった。昨年はかわいそうなほど走行もままならないという状況であった。大会開催中、常にピットエリアで作業を行っている姿があり、それと同時に何名かの学生がそのすぐ横で仮眠をとっている、まさに不眠不休でここまでやってきたのだな、ということがわかる参戦だった。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 第16回全日本学生フォーミュラ大会 ドラマは勝者だけではない各チームの戦いを振り返る