2018.9.12 18:33

複数の家電をスマートフォンで集中管理し外出先から操作可能にする、「 SwitchBot Hub Plus 」を新発売

複数の家電をスマートフォンで集中管理し外出先から操作可能にする、「 SwitchBot Hub Plus 」を新発売

 電子たばことスマートフォン周辺機器の通信販売を行うスリー・アールシステム株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:今村 陽一)は、2018年9月12日に、赤外線またはBluetooth信号で複数の家電リモコンを1つにまとめてスマートフォンで操作可能にする、小型のリモート家電コントローラーを新発売し、予約販売を開始しました。

 これまでAmazonの「Echo」、Googleの「Google Home」などのAIスピーカー、スマートスピーカーと呼ばれる機器は、家電の音声操作、または外出先からの操作を可能にしましたが、家電がそれらに対応していなければ操作できませんでした。

 当社が2018年9月12日に新発売する家電コントローラー「 SwitchBot Hub Plus 」は、その不便さを解決するための以下の機能を備えます。
・複数の一般的な家電の赤外線リモコンを登録し、その家電をスマートフォンから操作可能
・複数のBluetooth機器を登録し、スマートフォンから操作可能
・それらをWiFi経由で外出先から操作可能
・スマートスピーカーと連携すればスマートフォン操作が不要になる
・IFTTT(イフト)と呼ばれるwebサービスと連携させて細かい自動操作をプログラム可能

 また、「 SwitchBot Hub Plus 」は、インテリアとしての機能にも配慮しています。
・色を自由に変えられる間接照明機能
・付属の壁面シールマグネットで、壁面への取り付けも容易

 【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000181054&id=bodyimage1

 【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000181054&id=bodyimage2

 これらの機能を利用して、外出先からエアコンを操作して帰宅時に快適な室温を実現したり、話しかけるだけでIOT非対応の一般家電のON/OFFを操作し、多数ある家電リモコンの故障による操作不能リスクにも備えることが出来ます。

 電子たばことスマートフォン周辺機器の通信販売を行う当社では、スマートフォンをより手軽に活用できる周辺機器の開発と販売に注力していきます。

 【商品概要】
商品名 : IoT SwitchBot Hub Plus クラウドコントロール
型番 : 3R-WOC02
価格 : 6,980円(税込・送料無料)
サイズ(本体) : 縦78mm x横120mm x厚さ35mm
付属品 : ACアダプタ(ケーブル長150cm)、壁面取付用マグネット
カラー : ホワイト
販売場所 : 楽天市場(当社直営店 ココロミクラブ楽天市場店)
販売ページURL: https://item.rakuten.co.jp/3rwebshop/3r-woc02/

 【会社概要】
社名 : スリー・アールシステム株式会社
本社 : 〒812-0008 福岡県福岡市博多区東光二丁目8-30高光第一ビル2階
設立 : 2001年5月24日
代表者 : 代表取締役社長 今村 陽一
資本金 : 1,000万円
事業内容: パソコン・電子たばこ・スマートフォン周辺機器、デジタル顕微鏡・拡大鏡・内視鏡の製造販売
URL : http://3rrr-hd.jp/
TEL: 092-260-3033
FAX: 092-260-8506